【Shopifyテーマ】スマホ対応のデザインなら「District」で決まり! | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2020.11.5

【Shopifyテーマ】スマホ対応のデザインなら「District」で決まり!

インターネットが普及している中、多くの企業が店舗だけではなくECサイトを開いています。自社サーバーを用意したりパッケージを導入したりすることなくECサイトが開設できるShopify。サイトを構築するために用いられるテンプレート「テーマ」も数多く用意されています。ここではスマホ対応に適しているShopifyのテーマ「District」について紹介していきます。

そもそもshopifyってどんなもの?

shopifyとはカナダの企業が運営するECサイトの開発や運営を助けるプラットホームで、世界各国100万ショップ以上で導入されています。

これまでECサイトを始めるにあたっては手間がかかることから、参加すればすぐに商品を売ることができる巨大ECモールに出店する方法が一般的でした。しかし、消費者にとってはあくまでも巨大モール上での買い物だという印象が強く、出品企業のブランド自体は認識されにくいという事実がありました。

そこで登場したのが誰でも簡単にECサイトの運営ができ、出店社の裏方に徹してくれるshopifyです。

shopifyはアカウントを作成すれば、管理画面の設定だけでオリジナルECサイトが誰でも作成できます。2週間の無料期間のあと、ベーシックプランであれば月額29ドルで初期費用はかかりません。

shopifyにはさまざまな「テーマ」がある

誰でも簡単にオリジナルECサイトが作れるshopify。他社とは違うサイトを作るために、テーマと呼ばれるテンプレートが数多く存在しています。有料のものは180ドルなどで販売されていますが、無料で使えるものもあります。

自社や自身が扱う商品やサービスに合ったデザインや機能で選べるので便利です。例えば、無料で使えるテーマであっても商品数が少ないショップに合ったものや、逆に商品数が多いショップに適したテーマもあります。

また、アパレルに特化したデザインのものやコスメ・アクセサリーの販売に合ったもの、関連アイテムが多いショップに適したテーマなどもあります。有料のものに関してはさらに幅が広がり、あらゆるショップに適したテーマが見つかるといっても過言ではありません。

スマホ対応サイトなら「District」がおすすめ!

インターネットの普及とともに、スマートフォンがあらゆる世代に普及しています。shopify でECサイトを作成するにあたっても、スマートフォンでも見やすく利用しやすいデザインのテーマが人気です。shopifyにおいて特におすすめのテーマが「District」です。Districtの大きな特徴は、ユーザーがサイトを表示したときに最初に目にするファーストビューのカスタマーズ性が高いことにあります。パソコンとスマートフォンで画像を出し分けできるので、どちらでサイトを見ても適切な画像サイズで表示できます。

また、画像や動画のスライドショーにも対応しており、カスタマイズのバリエーションの選択が多く飽きさせることがありません。

Districtのもう1つの特徴として、ブログ記事のページを読みやすくできることが挙げられます。サイドバーのあるページを作成することができ、多くの人が見慣れたレイアウトでカテゴリーやタグから商品を検索することが可能です。料金は180ドルとなっています。

「District」の導入事例

Districtは多くの企業で利用されています。

例えば、英国の子供服ブランドやアメリカオレゴン州ポートランドのトレイルランニング・アパレル・ブランド。英国の子供服ブランドのサイトは、その時期のセールをアピールすべく大きな写真を始めに載せ、カテゴリーごとにも1枚大きな写真を載せて構成されています。

その他にも、オーストラリアの男性向けヘアグッズやシェービンググッズを販売している企業などもDistrictを利用しています。また、オレゴン州のアパレルブランドもオーストラリアのシェービング企業も、大きな写真や動画を上手く活用してスマホユーザーが買いやすいように工夫がなされています。

「District」を使ってスマホユーザーを獲得しよう!

インターネットが普及し全世界とつながることが可能となり、世界各国であらゆる世代がスマートフォンを利用するようになりました。国境を越えてのECサイト構築を考えているならば、スマホユーザーの獲得は欠かせません。

誰でも簡単に利用しやすいshopifyのスマホ対応に適した「District」を使って、越境ECサイトを作成してみてはいかがでしょうか。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。