Shopifyテーマの選び方とテーマの公式・非公式ストアをご紹介 | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2020.5.18

Shopifyテーマの選び方とテーマの公式・非公式ストアをご紹介

Shopifyには100種類近くにもおよぶ公式テーマがあるので、かなり自由にECサイトをデザインできます。ですが選択肢の多さゆえに「この公式テーマでいいのだろうかと」悩むこともまた少なくありません。今回は公式テーマの選び方や探し方などについて紹介していきます。

自身が売りたい商品の強みや特性に合わせてShopifyの公式テーマを選ぶ

Shopifyの公式テーマから自身に会ったものの選び方としてよくあげられるのが「自分の売りたい商品の強みや特性と相性がよいもの選ぶ」ということです。ECサイトは自身が用意した商品やサービスを紹介するところなので、商品やサービスが際立つような公式テーマを選ぶことが基本となります。

たとえば提供する商品がほかのサイトにあるものとはデザインなどが異なるときは、写真による商品の紹介を重要視するために公式テーマはなるべくシンプルな選ぶようにします。反対に提供する商品は一般的なものであり、ライバルとなるほかのECサイトでもよく販売されている場合はおしゃれなデザインの公式テーマを選び、商品だけでなくサイトそのものを使ってお客を集めるようにしましょう

ただし自身の商品だけを見ただけでは、どういう売り方をすればよいのかわからない場合も考えられます。そうした場合は自分が用意した商品と似たようなものを販売しているEC サイトをいくつか調べるようにしてください。調べたサイトのよいところと悪いところを分析し、見つけ出したよいところを自身のECサイトに取り入れるようにしてきます。

またShopifyでは商品の特性だけでなく、取り扱う商品の量もまた大切な要素です。たとえば陳列する商品が多いとECサイトにのせる写真も多くなるので、使用する公式テーマはなるべくシンプルな方が相性がよいです。逆に陳列する商品が少ないときは写真だけどやや寂しい印象を与えるので、賑やかさが感じられるようなShopifyの公式テーマを選ぶ方がよいでしょう。

お客さんと相性が良さそうなShopifyの公式テーマを選ぶ

公式テーマの選び方としては、商品のイメージだけでなく購入する人のことを考慮するのもまた大切です。あなたがつくったECサイトで商品はどんな人がどんな方でしょうか。購入する人の種類によっては求められるイメージが異なります。

たとえば若い男性を主なターゲットとする場合は商品の見た目もさることながら、その商品がどれくらい生活の役に立つのかなどを重視する傾向にあるので、商品の説明をわかりやすく記載できるような公式テーマ好まれます。

女性の場合ばデザイン性が重視される傾向にあるので、写真の見栄えやサイト全体のイメージの良さといったものが重視するとよいでしょう。

Shopifyの非公式テーマからも選んでみる

Shopifyの公式ストアは厳選された質のよいテーマを100種類ちかく提供しています。ですが厳選された公式テーマはデザインがある程度にている傾向にあり、自分が求めているテーマが見つからないということもあります。

そうしたときは非公式ストアを利用するという選び方も考えてみてください。そのときにオススメできるストアをいくつか紹介します。

Shopify ThemeForest

おすすめの非公式ストアの1つ目は「Shopify ThemeForest」です。ストア内には700種類以上ものテーマが用意されているなど公式ストアよりも種類が豊富にあります。

それでいて価格は安いもので5ドル、最も高いもの119ドルほどと公式ストアよりも安いが特徴です。安さをいかしてさまざまなテーマを取り入れて試してみるのもよいでしょう。

Shopify ThemeMonster

非公式ストアの2つ目は「Shopify ThemeMonster」。2100種類にもおよぶテーマが用意されているなど、利用できるテーマの数は郡を抜いています。

数が多いと探すのに苦労するという印象がありますが、テーマを機能やスタイルなどで分類やカテゴリー分けしているので、お目当てのテーマを探すことは比較的容易となっています。ただしサードパーティにテーマ作成を依頼している都合で、品質のよいものと悪いものがそれぞれありますので、気をつけてください。

まとめ

お客さんを集めるためにはよいの公式テーマも選ぶのが大切ですが、そうしたよいテーマを見つけるのはなかなか困難なことです。そのため、最初はなんとなく良さそうなテーマを選ぶというので構いません。

そのテーマを使ってECサイトをオープンし、その後仕は状況をみて修正していくようにすればいずれは自身に会ったテーマと出会えるようになるはずです。実際の店舗ですと改装するのは難しいですが、Shopifyならばコストもほとんどかからずに簡単に改装がおこなえますので、いろいろ試してみてください。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。