【Shopify】離島への配送設定とその料金設定の方法 | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2019.6.22

【Shopify】離島への配送設定とその料金設定の方法

世界シェアNO.1を誇るECサイト作成サービスであり、日本でも着々と事業規模を拡大しているShopify。

今回は、Shopifyという利便性の高いサービスを最大限活用していただくために、離島への配送方法と中継料金も含めた料金設定の方法をご紹介します。

ネットショップ作成時には避けて通れない送料の設定。商品の購入者がストレスなくお買い物ができる環境を整えるためにも、しっかりと設定する必要があります。

それでは早速やり方を見ていきましょう!

【Shopify公式サイトはこちら】

https://www.Shopify.jp/

Shopifyの離島への配送料金と中継料金

国内の配送業者の一部では、同じ都道府県内であっても、離島であったり配送エリア外であると、送料が別にかかってしまうことがあります。

そんな事情もあってShopifyにデフォルトで用意されている同じ都道府県単位での料金設定は、送料の設定が難しい場合が発生してしまうことがあるのです。

念のために確認しておくと、

離島料金:離島などの遠隔地において付加される特別な配送料

中継料金:配送業者の配送対象外エリアにおいて、別の業者へ配送委託などをするために追加でかかる配送料金

という意味です。

配送業者ごとの料金

日本郵便 Japan Post

離島料金/中継料金なし。日本郵便のゆうパックには、これらの料金がかかりません。

ヤマト運輸 Yamato (JA)

離島料金/中継料金なし。ヤマト郵便の宅急便には、これらの料金がかかりません。

佐川急便 Sagawa (JA)

離島料金/中継料金あり。佐川急便をご利用の場合ですと、通常の配送料金の加えて別途配送料金がかかります。また、地域によって料金は異なるため、以下のURLをご参照ください。

http://www.est-works.co.jp/fcl/chuukeiryou.html

また、佐川急便の国内物流の問い合わせから、最新の料金一覧表を提供してもらうこともできます。

西濃運輸 Others

離島料金/中継料金あり。西濃運輸のペリカン便では、通常の配送料に加え船賃が実費でかかってきますので、予め見積もりを立てておく必要があります。以下のURLをご参照ください。

http://www.seino.co.jp/seino/webservice/kangaroo/

現状、Shopify利用で佐川急便、西濃運輸を配送に利用する場合はAPPで機能を拡張し、対応する必要があります。

Shopifyで料金設定をする方法

先ほどの「2.配送業者ごとの料金」でご紹介した、佐川急便と西濃運輸で離島配送が必要になったときは、離島料金・中継料金を設定しなければなりません。

そんな時は、以下でご紹介する無料アプリParcelifyを使うことで、離島への配送料金をガイドラインに基づいて設定することができます。

Parcelifyでの離島料金設定

Shopify離島設定を可能にするアプリ「Parcelify」

https://apps.Shopify.com/parcelify

(前述しましたが、アプリを利用するにはプレミアムプランのご利用もしくはShopify サポートへの拡張の問い合わせが必要です。)

※IOSやAndroid向けのものはございませんのでご注意を

  1. アプリをインストール プラン拡張が必要な場合はその旨を画面でお知らせしてくれます。
  1. ParcelifyをShopifyの管理画面から起動 起動後は「New Shipping rate」を選択。ここで新しい配送料を設定していきます。
  1. Public Details このページでは決済をする際に表示される送料を適用したい項目名やと詳細説明を入力。必要な情報はしっかりと書き込んでおくことをおすすめします。
  1. Priceのページで送料設定 続いては送料設定です「Bace Price」にかかる料金を設定していきます。離島への配送料金の場合、かかる料金が1500円の時は、150000と入力してください。これは、サイトの基本通貨単位がセントのためです。日本円に換算する場合は0を2つ足すようにしてください。
  1. Limitで離島料金の適用範囲を決める 「Limit」では離島へ発送する際の料金の適用範囲を決めることができます。例として、決済の際、その合計金額が5000円以上で一律送料無料にしたい場合。「Maximum price」に499900と入力する。という形になります。
  1. Filtersで離島エリアを指定 「Filters」の欄で離島のエリア指定をしましょう。
    まず、指定したいエリアの郵便番号を入力→指定、Fieldを「Zip/Postal Code」に指定し、郵便番号が一致する場合は、「Verb」を「Equal」。前方部分が同じ場合は「start with」、後方部分が同じ場合は「end with」というように設定してください。
    次に、指定する離島エリアの郵便番号を入力します。「|(パイプ)」を利用し、指定したい郵便番号を打ち込みます。
  2. saveに保存 設定が終わったらsaveに保存します。Shopifyの管理画面の「配送」からParcelifyで指定した料金が適用されているか確認してください。

心配な場合は、実際の決済画面から指定した離島エリアの住所を入力して確認。反映されていれば設定完了です。

Shopifyと離島のまとめ

いかがでしたでしょうか?意外と工程が多く大変そうに見えますが、より正確で確実なサービスを提供するためにも本記事の「3.Shopifyで料金を設定する」の手順は必要不可欠です。

「2.配送業者ごとの料金」で紹介した国内の佐川急便や西濃運輸の離島への配送料金は、今後更新されていく可能性があり、随時確認する必要があります。その点に十分留意した上でのShopify・Parcelifyのご利用を強くお勧めします。

本記事が、ご覧になった皆様のより快適にサービスを利用できる手助けとなれれば幸いです。

ちなみに、配送も在庫管理も不要でECサイトができるようになるShopifyアプリもあります。詳細はこちらの記事に記載してあります。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。