別のECサイトからShopifyに移行するときの方法を解説! | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2019.5.12

別のECサイトからShopifyに移行するときの方法を解説!

別のECサイトからShopifyに移行する時、どのような順序で行えばいいのでしょうか。適切な流れや注意点を知っていると、移行の時に安心です。
これから、別のECサイトからShopifyに移行する方法を、具体的な流れに沿ってご紹介します。
また、注意した方がいいこともご説明しますので、Shopifyへの移行を検討している場合は参考にしてみてください。

Shopifyへの移行方法とは?

別のECサイトからShopifyに移行する時、最初に商品情報やコンテンツがShopifyに対応しているか確認することが必要です。

次に、ストアの住所やメールアドレス・その他の設定をしてから、ストアのコンテンツデータをShopifyにインポートします。インポートアプリを活用すると、スムーズにできるでしょう。CSVファイルを利用して、手動でのインポートも可能です。
インポート後は、移行商品の分類をしていきます。商品をカテゴリー別に分類すると、お客さんが見やすい状態になるでしょう。ウェブサイトの見栄えを良くするため、管理画面にテーマを追加して、デフォルトのカスタマイズをします。

Shopifyストアを設定する時は、ドメインの設定が大切です。新しいドメインの購入もしくは既存ストアに関連したドメインを移管します。新しいドメインは、Shopifyで購入可能です。公開する前に、配送方法や配送料・税金・決済サービスの設定をします。誤った情報を公開すると、お客さんとトラブルになる可能性があるので、注意が必要です。デジタル商品など配送がない場合は、配送オプションを無効にしておきます。設定が終了したら数回のテスト注文をして、正常に動作するか確認しましょう。注文だけでなく、キャンセルや返金についても確かめます。URLリダイレクトをしてから、お客さんに新しいアカウントの作成依頼をすれば完了です。

移行する時の注意点とは?

Shopifyに移行する時は、アセットから特定のプロトコルを削除する必要があります。テーマファイルやスタイルシートのURLから「http:」「https:」のようなプロトコルを削除しましょう。また、ブックマークの可能性があるページは、「URLリダイレクト」の設定し直しが必要です。これを行わないと、お客さんがアクセスできずに離れてしまいます。

Shopifyの移行方法を理解しよう!

Shopifyの適切な移行方法を知ることで、スムーズに移行できます。手動もしくはアプリでインポートした後は、カテゴリー別の分類やデフォルトを設定し、見やすいページを作るといいでしょう。URLリダイレクトを設定し直し、お客さん離れを防ぐことも大切です。これを参考に、別のECサイトからShopifyに移行する方法を理解してみましょう。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。