EC制作ツールShopifyとSalesforce(旧Demandware)の違いとは? | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2020.6.9

EC制作ツールShopifyとSalesforce(旧Demandware)の違いとは?

ShopifyとSalesforce(旧Demandware)は、EC制作ツールとして世界的に有名ですが、どのような違いがあるのでしょうか?

この記事では、各プラットフォームの特徴や導入事例を比較しながら、それぞれの違いをご紹介していこうと思います。

Shopify

Shopifyでネットショップを作ろう | ECサイト構築を無料体験

Shopifyはカナダに本社を置く企業で、2004年に設立されました。オンラインストアのプラットフォームを提供しています。

2019年時点で、世界175ヶ国で100万以上の企業が、Shopifyのプラットフォームを導入しており、今やEC業界では飛ぶ鳥を落とす勢いで成長している注目度の高い企業です。

Shopifyプラットフォームの特徴

Shopifyはモバイルと多言語化のどちらにも対応しています。

  • モバイル対応
  • 多言語対応
  • 簡単操作
  • 3,200種類以上のアプリでカスタマイズ可能
  • 無料トライアルあり

専門知識がなくてもアプリを使ってさまざまなカスタマイズが可能であり、拡張性の高さからShopifyを選ぶ企業はとても多いです。

Shopifyの導入企業

日本ではまだまだShopifyを導入している企業が少ないといわれていますが、以下のような有名企業が実際に導入しています。

  • 土屋靴製造所
  • BASE FOOD
  • ゴーゴーカレー
  • A BATHING APE
  • BENT&CO
  • COHINA
  • Tabio
  • KURASU
  • コアラ・マットレス
  • ひとえうさぎ

A BATHING APEのように国内の一流企業でも導入されており、注目度の高さから今後も増えていくと予想されます。

Shopifyの料金

Shopifyは、プランによって料金が異なります。

ベーシック29ドル/月
スタンダード79ドル/月
プレミアム299ドル/月
ライト9ドル/月
Shopify Plus問い合わせ
無料トライアル90日間

大企業向けとしてShopify Plusがありますが、このプランだけは見積もりから料金が決まります。

また、無料トライアルは今の時点で90日間実施されていますが、タイミングによってトライアル期間はさまざまです。

Salesforce(旧Demandware)

Commerce Cloud: Unified Ecommerce Experience Platform

Demandwareは2004年に設立されたクラウドベースのプラットフォームを提供するアメリカの会社です。

2016年に大手のSalesforceに買収されたため、今はSalesforceのもとでDemandwareのプラットフォームが提供されています。

Salesforceは1999年に設立されたカリフォルニアに本社を置く企業で、「世界でもっとも革新的な企業」「働きがいのある会社」など、さまざまな調査ランキングで1位に選出された実績があります。

とくに本社のあるアメリカでは、誰もが知っているほど有名な会社です。

Salesforceプラットフォームの特徴

Salesforceは「B2C(消費者向け)」と「B2B(法人向け)」という2つのプラットフォームがあり、どちらもモバイルと多言語化に対応しています。

  • モバイル対応
  • 多言語対応
  • AIを利用したパーソナライズ
  • 拡張ライブラリでカスタマイズ可能
  • 無料トライアルあり

Salesforceはデフォルトの機能あるいは拡張ライブラリからカスタマイズすることができますが、専門的な知識がない人にとって、自由度は限られるかもしれません。

30日間の無料トライアルからスタートできるため、実際に試してから判断するのがいいでしょう。

Salesforceの導入企業

Salesforceは世界のトップブランドが導入しています。

  • PUMA
  • adidas
  • Univar Solutions
  • SKIS.com
  • QUIKSILVER
  • PACSUN
  • Black Diamond
  • YETI
  • GODIVA
  • Foodstffs

PUMAやadidasといった、日本でもお馴染みの企業も多いですね。

Salesforceの料金

Salesforceはすべてのプランにおいて、問い合わせの見積もりで料金が決まります。

B2B Commerce-Starter問い合わせ
B2B Commerce-Growth問い合わせ
B2B Commerce-Plus問い合わせ
B2C Commerce-Starter問い合わせ
B2C Commerce-Growth問い合わせ
B2C Commerce-Plus問い合わせ
無料トライアル30日間

無料トライアルで試して気になるようであれば、見積もりをしてみましょう。

どちらがおすすめ?

ShopifyとSalesforce(旧Demandware)は導入事例を比較してわかるように、素敵なEC制作を実現できることは間違いありません。

一言では紹介しきれないほどの機能性が搭載されており、一長一短という表現は当てはまらず、どちらも理想のECサイトを構築できるというのが答えです。

ただし、「簡単操作で幅広い拡張性を実現したい」という点では、Shopifyのほうが誰もが自由にカスタマイズしやすいと思います。

まとめ

ShopifyとSalesforce(旧Demandware)の違いをより深く知るためには、実際に試してみる必要があります。

どちらも無料トライアルが用意されているため、まずは気になるほうを選んで体験してみてください。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。