Shopifyの制作代行ってどうやるの?納品までのフローを解説! | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2019.9.30

Shopifyの制作代行ってどうやるの?納品までのフローを解説!

Shopifyを制作代行で作る時はどのようなフローで進めていけばいいのでしょうか?これからShopifyを導入しようとしている人にとっては、このような疑問をいだいていることでしょう。

その疑問に答えるべく、ここではShopifyの制作代行のフローの全体を示しながら、各ステップについて説明していこうと思います。

Shopify制作代行のフロー全体

制作代行は一般的に以下のフローで進めていきます。

  1. お問い合わせ
  2. ヒアリング
  3. お見積り
  4. ご発注
  5. 制作・構築の実施
  6. 納品

依頼内容によって納品までの期日は変わってきますが、最短で約1か月で運用開始ができるケースもあります。

では、各ステップにわけて詳しく説明していこうと思います。

お問い合わせのステップ

まずはお問い合わせフォームより連絡しましょう。「Shopifyを使った制作代行を依頼したい」といった簡潔かつ漠然としたお問い合わせでも対応してもらえます。

あなたのやりたいことをお伝えすることで、次のステップであるヒアリングにうつります。この際に制作代行と内容について相談しましょう。

もちろん明確なコンセプトや作ってほしいShopifyのサイト構想がある場合は詳細な内容を記載し、「これはできるのか?」「これをお願いしたい」と問い合わせる形がいいでしょう。

明確なイメージがあると、納期までの時間は短くなっていきます。時間に制限がある場合、詳細なコンセプトや希望内容を先方に伝えるようにしましょう。

ヒアリングのステップ

お問い合わせ内容を元に、制作会社がヒアリングを実施します。ここで、質問や相談をつうじて、より具体的なイメージを作っていきます。そして目標や目的を明確化していくのです。

例えば、扱いたい商品は何なのか?どのようなユーザーに提供していくのか?などを明確化します。これによりサイト全体のカラーや商品の表示方法を決めていくのです。

商品が魅力的に表示されなければ、ShopifyをつかったECサイトでも売り上げをあげることができません。そのため、最適なサイト構築をするためにも目標・目的の明確化は必須となっていきます。

前述しましたが、明確なコンセプトがない状態でも大丈夫。今現時点で決まっていること、行いたいことを伝えましょう。それを元に制作会社が有する多くの経験から、最適なアドバイス・目標設定をもらえるので安心してください。

お見積りのステップ

制作会社より費用の提示をしてもらうステップです。ヒアリングで明確化した目標・目的を最大限盛り込んだShopifyサイトを手に入れるために、どれくらいの費用がかかるかを提示してもらいます。

ここでご予算が余分にあれば、追加の依頼を検討しましょう。商品プロモーションをさらに魅力的にする写真・動画撮影を依頼することも可能です。

また、Shopifyサイトの制作代行の他に商品開発や商品発送代行業務、実運用コンサルティングも実施してもらえます。不安なことをプロにお願いするのも良いですし、こだわりを表現するのもおすすめ。好きなオプションをつけましょう。

どんなオプションがあるかわからない場合は積極的に相談しましょう。やりたいこと、実施したいことなど、予算を提示して相談します。

逆に予算がオーバーになった場合は、どの部分を削ることが出来るのかを相談しましょう。制作会社はあなたのことを一番に考えています。無理な金額設定はしません。

商品画像の提示や商品説明文章の提示など作業内容を分担することで見積額を低く抑えられるケースもあります。どうすれば費用を抑えられるのかを気兼ねなく相談しましょう

まずは、お見積りの金額を確認して、希望や条件を相談する。これが大事です。

ご発注のステップ

見積りのステップで提示された価格に納得することができたら、正式に発注する旨を制作会社に伝えましょう。正式発注の依頼は、契約書の記入・締結を元に実施することが通例です。制作会社より必要書類を提示されます。その用紙を記入して提出しましょう。

記入方法がわからない場合は、質問すれば必ず丁寧に教えてくれます。

正式発注するまでは料金は発生しません。ですから、納得できない見積もりの場合は断りしましょう。あくまでも双方が納得した状態で正式発注することが大事です。

制作代行の導入までに色々検討することがあります。安い買い物ではありませんので、今一度内容を確認し、後悔しない発注をしてください。何度もいいますがわからない所はわかるまで質問しましょう。

制作・構築のステップ

正式にご発注の依頼をし、契約書にて締結すれば制作代行会社が作業を開始します。依頼内容に基づくShopifyを使った越境ECサイトを専属チーム(ディレクター、デザイナー、エンジニアなど)で制作してくれるのです。

専属チームが作業にあたるため作業スピードが速く、高品質なサイトを作ることができます。

後は完成を待つだけ。途中経過を連絡して欲しいなどの要望があるときも制作代行会社と相談しましょう。可能な限り対応してくれますよ。

納品のステップ

発注したShopifyサイトが完成すると制作代行会社から連絡がきます。連絡がきたら、サイトの最終確認をしましょう。

細部までチェックし、問題がないかを確認。問題がなければ納品となります。

納品してからの依頼は料金がかかるのが一般的です。この時点で疑問な部分、修正して欲しい部分は必ず伝えるようにしてください。

運用に困ったときもご相談ください

Shopifyを使用したECサイト制作代行のフローを理解していただけたでしょうか。制作代行をするのが初めてな場合、不安なことだらけです。どうしていいかわからずに二の足を踏んでしまうかもしれません。

しかし、心配は不要です。なぜなら、数多の経験を有する制作会社はあなたの希望を明確化する力があります。

ですから、ヒアリング時にあなたのやりたいことをハッキリとさせることで、素敵なShopifyサイトを制作してもらうことが可能です。なにができるかわからないなどの疑問点も解消してくれるのです。

ですから、まずはお問い合わせフォームから連絡しましょう。その一歩を踏み出せばプロの経験と知識を手に入れることができます。

また、実際に運用して困ったことが起きた時やサポートが欲しい場合も制作代行会社に連絡をしましょう。

制作代行会社にはShopifyサイト制作代行の他に商品開発、商品追加や発送代行、写真・動画撮影Web分析、各SNSの運用代行や実運用コンサルティングも実施することができます。

あなたの商品が多くの人の手に渡るように最高のサポートを実施してくれます。ですから、困ったときにはすぐに連絡しましょう。そうすることであなたのやりたことを実現する可能性を高めていきましょう。

▼こちらの記事もおすすめ

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。