Shopifyで利用できる幅広い決済方法をまとめました! | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2019.9.16

Shopifyで利用できる幅広い決済方法をまとめました!

Shopifyを利用すればオンラインショップを作ることができます。

これからShopifyを利用してビジネスを始めるのなら、Shopifyで利用できる決済方法を知っておくとよいです。

これはShopifyが独自に用意しているものから外部決済サービスまで用意されています。小売業において決済方法の豊富さは多くのお客さんを確保できる要因でもあります。

ここではShopifyの決済方法を紹介するので知っておくと便利です。

Shopifyペイメントを知っておこう

Shopifyが決済に対応するのがShopifyペイメントです。

これは特定の国で利用できるサービスで、オンラインで支払金額を受け取る事が可能です。Shopifyのストアと完全に直結したものでオーソドックスな決済方法でしょう。

ちなみに管理画面を利用すれば支払い金額を確認することができます。残高や支払日についても追跡ができるうえに、銀行口座に金額が入金されるとメールで教えてくれる便利な機能がつきます。

この支払方法を利用すれば決済詳細と注文が同期するので、売上もShopifyの管理画面で簡単に把握できるのが強みです。

クレジットカードが不正利用されたときには大変危険ですが、Shopifyはチャージバックに対応することができ、これはワンクリックで実行できます。

例えばクレジットカードが不正に利用されて、クレジットカード保有者が請求を許可しないときは不正注文の対象金額と手数料はすべて返金してくれるのが特徴です。

ショップ側の被害を最小限に抑える事ができるので安心してShopifyを利用できるでしょう。

ApplePayなどの決済手段も用意されている

ApplePay

ShopifyではApplePayも利用できるのが特徴です。こちらはAppleユーザーをターゲットにしたもので利用者がiOSやSafariを使っているときに表示されます。

同様に、GooglePayはグーグルが提供するサービスで、スマートフォンを利用して支払いができます。

Paypal

Shopifyでは初期の状態でPayPalが導入されています。PayPalは海外に強い決済手段で外国人のお客さんも多く利用しています。

アマゾンPay

アマゾンPayはアマゾンが行っている決済手段です。アマゾンアカウントを持っているお客さんをターゲットにできるのがメリットです。

KOMOJU

コンビニ支払いに対応できるのがKOMOJUで、こちらは多くのコンビニが対応します。

ShopifyPay

Shopifyでも独自のShopifyPayを導入しているのが特徴です。

こちらはShopifyペイメント画面の決済画面で起動する事ができます。クレジットカード情報などの保存も可能です。

利用者は「スピーディーなチェックアウトのため、情報を保存する」にチェックをして電話番号を入力すると、商品購入が楽になるメリットがあります。

実際にお客さんがShopifyで買い物をすると認証コードが電話番号に送られてきます。この認証コードを使うとカード情報などを自動的に入力できるので非常に便利です。

その他の決済手段について

GMOイプシロン

GMOイプシロンも利用できるのですが、こちらはShopifyペイメントと併用すれば手数料がかかりません。

また対応決済方法もクレジットカードやコンビニ決済の他に、代引やスマートフォン決済など多くのものが使えます。よりたくさんお客さんを確保したいときに便利でしょう。

▼こちらの記事もおすすめ

Stripe

Stripeと呼ばれるオンライン決済も利用可能で日本円を含んだ130通貨も対応します。

2Checkout

2Checkoutもオンライン決済手段の1つで87通貨に対応できます。

CyberSource

CyberSourceは仮想通貨でネットショッピングを楽しめる決済手段です。仮想通貨を持っているお客さんをターゲットにしたいときに便利です。

bitPay

bitPayはビットコインやビットキャッシュを使う方に対応する決済手段で、仮想通貨で買い物をしている方を対象にしています。手数料は非常に安く1%だけでクレジットカード決済よりも安いです。

豊富な決済手段がShopifyの魅力

定番のスマートフォンを利用した決済手段からShopify独自の決済手段まで多くの決済方法がShopifyには用意されています。

中にはApplePayやGooglePayのような特定のユーザーを狙ったものまであります。

またビットコインやビットキャッシュを使っている人をターゲットにできたり海外のお客さんが使える決済方法も用意されているなど、超越ECをするうえで使いやすい決済手段が利用できるのがShopifyの強みです。

▼こちらの記事もぜひ

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。