2020年最新版!国内・海外のShopify導入事例を一挙紹介 | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2019.7.12

2020年最新版!国内・海外のShopify導入事例を一挙紹介

本記事では国内・国外のShopify事例を合わせて9サイトを紹介しています。

Shopifyは世界最大のECサイト制作プラットフォームであり、カナダを拠点とし、
「シンプルかつ機能性抜群」なゆえに世界中へ瞬く間に広がり、今では世界175ヶ国、60万以上の店舗で利用されています。

日本でもShopifyを導入する企業が増えており、現在、ECサイト制作のプラットフォームとして最も注目を集めていると言っても過言ではありません。

日本国内・海外合わせて9つのShopify導入事例を一挙紹介していきます!

日本のShopify導入事例①ゴーゴーカレー

参照:https://jp.gogocurry.com

まずは日本国内の事例から挙げていきます。

金沢発、日本中の味覚を捉えたゴーゴーカレー。

実はあの誰もが知るカレー屋さん、ゴーゴーカレーもShopifyを使用しています。Shopify公式サイトの「成功事例」にも紹介されている通り、同社はグローバルに活躍することを目指しています。

サイトもシンプルで使いやすく商品購入がしやすくなっています。
そして、クレジットカードはもちろん、PayPalやAmazonPay、Google Payといった様々な支払い方法ができるのもShoppifyの強み。

日本のShopify導入事例②KANAGU STORE

日本のShopify導入事例②KANAGU STORE

参照:https://kanagu-store.com

KANAGU STOREは「住まいの飾り職人」たちがこだわり抜いて作り上げた金属とインテリアを販売するECサイトになります。

サイトの運営会社は1903年に創業し、100年以上の歴史を持ち、現在では、”住まいの金物” 5万点ものアイテムを世に送り出す上場企業です。

サイトもビジュアル的にもとても魅力が詰まっていて、FacebookやInstagramとも連携していて購入までの流れがとてもスムーズなサイトです。

日本のShopify導入事例③Elmers Green

日本のShopify導入事例③Elmers Green

参照:https://elmersgreen.com

大阪にあるコーヒーショップ、エルマーズグリーンの通販サイト。

おいしいコーヒーの入れ方やこだわりのコーヒー豆の販売はもちろん、コラム欄として、コーヒーの歴史・種類・楽しみ方・選び方などについても掲載されており、ただの通販サイトではなく、コーヒーの情報サイトとしても楽しめます。

コラム等の更新が簡単にできるのもShopifyの魅力の一つ。

日本のShopify導入事例④Runtrip Store

日本のShopify導入事例④Runtrip Store

参照:https://store.runtrip.jp

Runtrip Storeは「旅」や「ランニング」に出るのが楽しみになるようなウェアやシューズ等のアイテムを販売するECサイトになります。

商品ページでは、マウスのカーソルをウェアの上に置くと、ウェアの裏もチェックできるような工夫が施してあるなど、どういう商品なのかイメージが湧きやすいECサイトだと思いました。

また、3大SNS(Instagram, Twitter, Facebook)と連携していて、より購入の流れを円滑化しています。

日本のShopify導入事例⑤Kyoto Brewing Co

日本のShopify導入事例⑤Kyoto Brewing Co

参照:https://kyotobrewing.com/

カナダ人など3人の外国の青年が京都で開いたビール醸造所。 探究心、エコ、技能、引き合う力と言う4つの基本的価値観のもと、京都という趣深い地で、常に既存の枠組みにとらわれず、新たな発想や経験を生かしたビール作りにチャレンジし続けています。

季節限定シリーズや仲間シリーズ、旧商品などにシリーズ分けされていて、ビールそれぞれの特色や趣深さを感じさせてくれる商品のラインナップはおもわず目が惹かれてしまいます。

海外のShopify導入事例①KIT

海外のShopify導入事例①KIT

参照;https://www.kitstore.jp

ここからは海外での事例を挙げていきます。

ファッションに精通したイギリス人とある日本人の方がはじめた、ヨガやフィットネスウェアのセレクトショップ。女性がおしゃれで健康的で活動的な生活習慣を楽しむためのオンラインECサイト。

世界各地の色彩豊かなデザインで、動きやすい数多くのウェアがラインナップされています。

支払い方法も様々対応していて、機能性に加え、翌日配送やデザイン面でも使いやすさにもこだわりを入れているショップです。Instagramとも連携していて、インスタ女子を一気に取り込むことに成功しています。

海外のShopify導入事例②Sellenatela

海外のShopify導入事例②Sellenatela

参照:https://www.sellenatela.com

東京発の、日本人デザイナーによるシューズブランド、セレナテラ。

堂々としたスクリーンを贅沢に使ったレイアウトと、シューズブランドならではのおしゃれな写真が目を引き寄せます。

商品詳細ページも大きい画像で、細部、詳細までよくわかる配慮がなされていて、オンライン販売だからこそ、こだわりや細部までを伝えるために効果的に視覚に訴えかけるような写真を載せることの重要さに気付かされます。

海外のShopify導入事例③レッドブル

海外のShopify導入事例③レッドブル

参照:https://www.redbullshopus.com/

今や日本でも誰もが知るレッドブルエナジードリンクに加え、実はファッションとしても熱狂的なファンを持つレッドブル。

レッドブルはタイ人創業者であるチャリアオ・ユーウィッタヤーがタイで発掘したクラティン・デーンという清涼飲料水をもとに作られた。同社はオーストリアに本部を置いています。

同社が運営するアパレル商品を販売するECサイトはShopifyにより作られています。

海外のShopify導入事例④X-girl

海外のShopify導入事例④X-girl

X-girlは1994年にあるロックバンドの二人がニューヨークで創立したレディスファッションブランドです。

トレンドに合わせた女の子のリアルなストリートスタイルを演出。

日本においても人気なブランドの1つですが、現状円には対応しておらず、ドル対応のみとなっています。

海外のShopify導入事例④X-girl

上記の写真の通り、PayPalやGooglePayはもちろん、様々な決済方法に対応しています。

いかがでしたでしょうか。国内・国外のShopify導入事例を合わせて9つ紹介してきました。

Shopifyは2004年にカナダを出発し、今では世界シェアNo.1のECサイト作成プラットフォームであり、今後間違いなく日本でも大ブレークすることが予想されます。

Shopifyとは何か気になった方、もしくはShopifyの特徴のひとつであるアプリについて見てみたい方は、以下の記事もぜひ読んでみてください。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。