Shopifyアプリ|Oberloを使えば在庫リスクの心配無し! | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2019.6.12

Shopifyアプリ|Oberloを使えば在庫リスクの心配無し!

ほとんどのECサイト運営者がまず直面するであろう課題が在庫問題です。

在庫を抱えるということは、さまざまなコストが発生する原因になります。そんな在庫リスク・コストを軽減するために、在庫を持たずにネットショップ開業・運営できる「ドロップシッピング」というネット販売ビジネスが今、注目を集めています。

今回はそんな、配送も在庫管理も不要なドロップショッピングサービス「Oberlo」について紹介していきます。

ドロップショッピングとは

まずは、ドロップショッピングを詳しく知らないという人のために、通常のECビジネスと何が違うのかについて簡単に説明していきます。

ドロップシッピングは、直訳すると「直送」という意味になりますが、本記事で説明するドロップシッピングとは、商品を仕入れて在庫管理しなくても、自分でECサイトを運営することのできるシステムのことです。
ドロップシッピングサイト(ASP)にある数多くの商品から自分のサイトで販売したい商品を選んで、自分のECサイトで販売します。

図で示すと下記のようなイメージです。

ドロップシッピングとは

商品が売れると、本来なら自分で在庫から商品を出し、梱包と納品書や請求書などの書類をまとめ、発送しなくてはなりません。
しかしドロップシッピングでは、商品が売れたらサプライヤーが直接、購入者の元に発送してくれます。

ドロップショッピングのメリット・デメリット

続いて、ドロップショッピングのメリット・デメリットについてあげたいと思います。

メリットデメリット
在庫の心配がない人気商品は品薄になりがち
仕入れ・配送の手間がないサービスが急に終了することも

それぞれ解説していきます。

メリット

在庫の心配がない

商売するときに一番ネックになるのが在庫です。しかし、Oberloは商品を仕入れる必要がないため、倉庫管理や自宅に在庫を確保するというような心配がなくなります。

仕入れ・配送の手間がない

仕入れに行ったり、梱包したりすることもECビジネスを行う上で大きな手間の一つです。
しかしOberloではサプライヤーから直接商品を出荷するシステムになっているので、自分で商品を梱包したり出荷したりする必要はありません。Oberloが代わりに行ってくれます。

すなわち、ECビジネスを行う上でマイナスな部分(リスクと手間)を、Oberloは引き受けてくれるわけです。

デメリット

人気商品は品薄になりがち

ASPは多くの利用者と商品を共有しているため、自分のサイトで注文が入っても、サプライヤー側が品切れになってしまっていたということもあります。
特に人気商品に関しては、多くのサイトで売れていくため注意が必要です。人気すぎる商品を選ばないなどして問題を回避していくことが重要です。

サービスが急に終了することも

商品を扱っているASPにトラブルがありサイトが使えなかったり、商品が取り扱い終了になったりすると、販売したいと思っていた商品も急に取り扱いできなくなることがあります。

「Oberlo」とは?

在庫管理不要のShopifyアプリOberlo

参照:
Shopify公式ページ

そこで今回紹介したいのが、Shopifyで配布されているアプリ「Oberlo」です。
Oberloは、Shopifyで利用できるドロップシッピングアプリです。すでに6500店舗を超えるShopifyストアがOberloを利用し、これまで3600万ドル以上の売上を達成しました。

たくさんある商品の中から売ってみたい商品を選び、自分のECサイトで販売することができるサービスです。商品の発送は、サプライヤー側に発注するだけで直接行ってくれます。
在庫管理、梱包、発送などの手間とコストがなく気軽にECビジネスを始めることができます。

「Oberlo」の使い方

Oberloの使い方は3ステップです。

  1. ASPからサイトで販売したい商品を選択
  2. 追加した商品ページをカスタマイズ
  3. 商品が注文される

ASPからサイトで販売したい商品を選択

ASPからサイトで販売したい商品を選択します。商品一覧には売れ筋の商品などの情報が提供されているので、それをもとに選びましょう。

追加した商品ページをカスタマイズ

追加した商品ページをカスタマイズします。追加したい商品の隣にある「Add to import」をクリックすると、商品情報を編集できます。Oberloは自動で値段を設定してくれますが、自分の裁量で変更することも可能です。自分のサイトのイメージに合った商品画像を選んだり、商品情報を具体的に書き込むこともできます。

商品が注文される

商品が注文されたときの流れは以下の通りです。

(1)消費者があなたのECサイトで商品を注文。
(2)ストアが外部サプライヤーに商品を発注する。
(3)サプライヤーが消費者に商品を発送。
(4)消費者に発送されたことを通知。

おわりに

以上、Shopifyのドロップショッピングアプリ「Oberlo」の紹介でした。
ShopifyでECサイトを立ち上げたいけど、知識が不足していて、かつリスクやコストもできるだけかけたくない人は、Oberloを無料で試してみることをお勧めします。

人が購入しないかもしれないのに、膨大な時間をかけて仕入れや在庫管理をするのは時間と労力がもったいないです。

ぜひ、このOberloを使いこなして、手軽に、魅力的なECサイトを作っていきましょう。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。