【shopifyアプリ】セールやイベントのカウントダウンを表示 | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2020.11.8

【shopifyアプリ】セールやイベントのカウントダウンを表示

ECプラットフォームを利用したオンラインストアは世界中の人々に利用してもらえるチャンスがある一方で、ライバルも多く様々な手段で利用者の「注目」を集めることが重要です。利用者の注目を集める方法は色々ありますが、今回はセールやイベントの開始や終了時間をカウントダウン方式で表示するメリットや方法を導入事例や成功事例を交えて解説します。

カウントダウンは利用者の注目を集めやすい

Shopifyは全世界175カ国でECサイトの運営・構築に用いられている、カナダ生まれの世界最大のECプラットフォームです。オンラインショップだけでも100万店以上の店が出店しています。

Shopifyを利用してオンラインショップを開店した場合、世界中の人々に訪れてもらえるチャンスができる反面、ライバルに勝ち抜く必要も出てくるのです。利用者が魅力を感じるような商品を販売するのはもちろんのこと、利用者が自分のオンラインショップに目を留める工夫も必要です。

手軽にでき、かつ効果的な注目を集める方法の1つとして、カウントダウンが上げられます。カウントダウンを見ると、つい「なんだ」と目を留めてしまう人も多いことでしょう。

カウントダウンを表示するメリットと導入例

「期間限定セール」など、特別なイベントを行うとそれだけでも人目を集めることができます。

しかし、Shopifyのように多くの店舗が出店しているECプラットフォームの場合、同じようなイベントが重なることも珍しくありません。 そのため、単にバナーや文章による告知だけでは、利用者の興味を引くことはなかなか難しいでしょう。カウントダウンを導入することにより、利用者に「なんだ」という興味を持たせられます。

また、時間制限があることで「限定感」や「特別感」を抱かせることが可能です。ただし、あまり頻繁に使いすぎるとカウントダウンの効果は薄れてしまいます。さらに、販売する商品によっては、カウントダウンを付けることで、安っぽさを演出することになる恐れもあるでしょう。

ですから「ぜひ、この商品に注目してほしい」という場合や「そこそこ高級な商品がこの値段で買えるのはお得」とアピールしたい時に「ここぞ」というタイミングを計って使うことが重要です。

例えば、セールで一番の目玉商品にカウントダウンをつけることで「あと何時間しか安くならない」と利用者に思わせることができ、購入に迷っている利用者の背中を押す効果が期待できます。

その他にも、時間ではなく個数にカウントダウンを付ける方法もあります。「あと何個で販売終了」というカウントダウンをつけることで、購買意欲を高めることができるでしょう。

このようなカウントダウンを導入して売り上げアップに成功したショップの事例としては、shopifyと同じECプラットフォームサイトのAmazonのサイバーマンデーや、楽天のスーパーセールなどがあります。どちらもカウントダウンを導入することにより、利用者の購買意欲を高め、期間中は売り上げがかなりアップしています。

shopifyで利用できるカウントダウンアプリ2選と使い方

shopify内のオンラインショップで、カウントダウンを導入するには以下のようなアプリを使うと便利です

Ultimate Sales Boost

Ultimate Sales Boostは、商品ページにカウントダウンだけでなく、在庫表示もできるアプリです。

無料プランと有料プランがあり、無料プランでも在庫のカウントダウンや商品・カートページにカウントダウンタイマー表示ができます。無料プランでまずは試してみてから、有料プランを導入してもいいでしょう。限定感を出すのにはぴったりのアプリです。

Sales Pop Master

Sales Pop MasterもUltimate Sales Boostと同じような機能を持つアプリで、カウントダウンやタイマーや在庫数を表示させることができますが、Ultimate Sales Boostにくらべると表示がシンプルです。こちらは3日間だけ無料でお試しができ、その後3種類の料金プランから仕様コースを選べます。

shopifyは少しずつ日本での知名度が高まってきており、これから発展の余地が十分にあります。Amazonや楽天のカウントダウンの導入例や成功例を参考にしつつこのようなアプリを使い、いつ、どのように、どんな表示をすれば利用者の購買意欲を高めることができるのか、参考にしてみましょう。

カウントダウンは使いどころが大事

shopifyにカウントダウンを表示させるには、アプリを用いれば比較的簡単です。しかし、単に注目を集めるために使うとすぐに飽きられてしまいます。いつ、どこで、どんな風に使えばより効果があるのか、導入事例としてあげた2つのECプラットフォームを参考にしてみるのも良いでしょう。使い方次第で売り上げの大幅アップも狙えます。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。