Shopifyで使える物流システムの選び方をご紹介 | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2020.8.4

Shopifyで使える物流システムの選び方をご紹介

Shopifyはさまざまな物流システムを導入することができますが、その選び方はしっかり押さえておきたいところです。

今回は、Shopifyで使える物流システムの選び方をご紹介していきます。

物流システムとは?

物流システムは、商品の配送や追跡など関連するプロセスを一括管理できるシステムです。

  • 配送管理
  • 運行管理
  • 在庫倉庫管理
  • 貨物追跡
  • EDI(Electronic Data Interchange)

EDIはWebを通して取引データを交換すること

主に5つのプロセスを統合して物流システムと呼ばれていますが、「物流システム」というサービス名でも、どこまでの管理や作業に対応しているのかは、システムによってさまざまです。

Shopifyで使える物流システム

Shopifyで使える物流システムは、Shopify側に制限はありません。

そのため、Shopifyに対応できない物流システムでない限りは、どのようなシステムでも使うことができます。一般的な物流システムの選び方と変わりはありません。

Shopifyの物流システムの6つの選び方

物流システムの選び方は、まず「何を解決したいのか?」を明確にすることからスタートするのがおすすめです。

極端な例として、配送業者を選ぶだけならShopify app storeにある「Ship&co」など、配送アプリで問題を解決できます。

物流システムは非常に多くの種類があることから目的によって多種多様といった状況ですが、ここでは一般的な物流システムの選び方をご紹介していきます。

Shopifyと連携している物流システムを選ぶ

これはShopifyならではの物流システムの選び方です。

シッピーノ
ロジクラ
ロジレス
ネクストエンジン

上記の物流システムはShopifyと連携しているため、Shopifyで使えないということがないことが最大のメリットです。

解決したいプロセスで選ぶ

物流システムといっても「在庫管理システム」や「運送管理システム」など、さまざまなシステムがあります。

WMS(倉庫管理システム)倉庫管理に特化したシステム
TMS(配送管理システム)配送に特化したシステム
在庫管理システム在庫管理に特化したシステム
運送管理システム運送管理に特化したシステム

物流システムのサービス内容をじっくり比較しながら、目的に合っているシステムを選ぶことが基本となります。

料金で選ぶ

物流システムの料金は本当にピンキリです。これも目的と合わせてコスト面を考慮していくスタンスが望ましいでしょう。

システムの提供形態で選ぶ

物流システムは「クラウド型」や「パッケージ型」など、そのシステムの提供形態がいくつかあります。

クラウド型Web上で利用できるので導入が早くて更新の手間もかからない
パッケージ型カスタマイズ不要で導入が早いが更新の手間がかかる
オンプレミス型カスタマイズでシステム開発してもらうので時間がかかる

クラウド型の物流システムが多いですが、どのタイプが最適なのかは企業規模や目的などによって変わってきます。

業界業種で選ぶ

物流システムは「食品」や「医療」など、特定の業界業種に強いシステムがあります。自社の商品に合わせて物流システムを選ぶのも1つの方法です。

無料トライアルで選ぶ

物流システムは使ってみなければわからない点もありますね。

そのようなときは、無料トライアルが用意されている物流システムを選ぶのもおすすめです。

まとめ

物流システムを導入すると、商品配送や在庫管理など関連プロセスの業務負担を大きく軽減できるようになります。

ShopifyのECサイトを効率的に運営するためにも、最適な物流システムを探してみてはいかがでしょうか。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。