【Shopifyアプリ】ECサイトの商品情報を一気に追加・編集! | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2019.7.14

【Shopifyアプリ】ECサイトの商品情報を一気に追加・編集!

「Shopify」でECサイトを運営しているとき、商品の表示をもう少しカスタマイズしたいのにと思ったことはありませんか?

基本的に、商品の名前や説明書き、カラーやサイズといったバリエーションなどのネットショップを行う上で必要最低限の事項は、Shopifyの管理画面から記載することができます。

しかし、販売するものによっては商品そのものの大きさなどプラスアルファで載せたい追加事項がある場合もあります。通常の場合だとHTMLを自分で書いて追加していくことができます。ですが、HTMLを書くのは知識がないと難しいし、間違えたりもするしで、とても面倒な作業になると思います。

今回は、そんな面倒な作業をしなくても商品の追加情報が記載できるアプリ、「Custom Fields」(カスタム・フィールド)を紹介していきます。

Custom Fields(カスタム・フィールド)とは?

カスタム・フィールドとは、簡単に言えば、Shopify管理者が商品情報などの項目(これをフィールドといいます)を追加・編集するためのツールです。

また、フィールドの追加だけでなく、どのフィールドを表示するかという編集(Bulk Edit)やフィールドの並び替えなど(Configure Fields)も行うことができます。

Shopifyアプリストア Custom Fields

プランは以下の通り、無料のFREEプラン・月7ドルのライトプラン・月19ドルのプレミアムプラン・月29ドルのプラスプランの4つです。

FREE
〔無料〕
・基本テキスト
フィールド
・番号フィールド
カスタムフィールド
最大10個
Shopifyのカスタムフィールドを編集
(Chrome拡張機能を使用)
ライト
〔月7ドル〕
・HTML
・日付
・Eメール
・電話番号
・リンク
・コード埋め込み参照フィールド
無制限の
カスタムフィールド作成
メタフィールド値を編集する
プレミアム
〔月19ドル〕
無制限の画像、
ファイルの
アップロードフィールド
バルクデータの
インポートとエクスポート
簡単な一括エディタ
プラス
〔月29ドル〕
Amazon S3バケットに
ファイルをアップロード
店舗間での
フィールド設定の同期
大きな画像とファイルのアップロード

Custom Fields(カスタム・フィールド)のインストール方法

次に「Custom Fields」のインストール方法について説明していきます。

  1. Shopify app storeより「Custom Fields」と検索します。
  2. 下のような検索結果が表示されるので、「Custom Fields」をクリックします。
  3. 「アプリを追加する」をクリックします。
  4. 画面下にある「インストールapp」をクリックします。
  5. 自分のECサイトの用途と予算に応じて適切なプランを決めて、「Select」をクリックします。
Shopify公式テーマ「Custom Fields」

これだけで、カスタム・フィールドのインストールは終了です。

フィールドの作成

続いて、実際にフィールドを作ってみましょう。

「管理画面」から「products」のメニューを開き、「Configure Fields」を経由して、「+ Add Field」を選択すると、新しいフィールドをつくることができます。

下の画像のようなページに進んだら、必要項目を一つずつ埋めていきましょう。

Shopify公式テーマ「Custom Fields」
Field Name新しく作りたいフィールド名を入力しましょう
(例:「商品名」)
Machine Nameコンピュータが認識するための名前を入力します。
小文字、数字、下線符号「_」のみ使用できます。
(例:「product_name」)

続いて、フィールドのタイプを選んでいきます。

Basicフィールドの入力がテキストなのか数値なのか選択できます。
「(list)」と書いてあるものは入力内容をプルダウンやチェックボックスなどで選択できるようになります。

Freeプランではここまでの設定ができます。
Freeプランで追加できるフィールドは10個までです。

Advance以降の機能も使用したい場合は、その内容と予算に応じてプランを変更してください。

Advancedフィールドの入力にHTMLやリンクなどが使用できるようになります。
Uploadファイルや画像の設定をしたい場合はチェックを入れましょう。
Referenceコレクションや商品ページから参照となる要素です。
Groups「Admin Field Group」か「Field Collection」から選択できます。

追加したフィールドを編集

  1. アプリをインストールすると商品管理画面に「More actions」という項目が表示されるので、ここから「Edit Custom Fields」を選択することで、別タブでCustom Fieldsの管理画面を開くことができます。
  2. Custom Fieldsの管理画面で商品のフィールドを編集できます。
  3. サイトにフィールドを表示したい場合は、左メニューの「Configure Fields」からフィールドの編集をしましょう。

それぞれコードも持っているので、任意の場所にフィールドを表示することもできます。

おわりに(どんな人にオススメか?)

以上、Shopifyの商品情報を一気に追加・編集できるアプリ「Custom Fields」について、その特徴と使い方について簡単に説明させていただきました。

Shopifyの初期設定は最低限の機能だけでできているので、フィールドの追加もアプリを使って行います。この「Custom Fields」では1フィールドずつ、また1商品ずつの設定ももちろんできますが、CSVを使ってまとめて編集することもできます。

このアプリはインストールしてから14日間、無料で体験することができるので、ぜひ一度試してみてみることをお勧めします。自分のショップにあったフィールドを追加して、魅力的なECサイトを作っていきましょう。

他のShopifyアプリについて詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事も読んでみてください。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。