ECサイトを持ってみたいあなたに!ビジネスアイデアを7個紹介! | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2019.6.24

ECサイトを持ってみたいあなたに!ビジネスアイデアを7個紹介!

最近では、個人でもECサイトを構築、運営できるようになりました。

自分もやってみたいけど良いアイデアが浮かばない、そんな方に向けて今回は、ECサイトを持ちたいあなたへビジネスアイデアを7個紹介していきます!

ECサイトとレンタルショップの組み合わせるビジネスアイデア

モノ余りの日本において使い捨てからレンタルにマーケットが移ってきているのはメルカリなどの転売ECサイトの台頭ぶりをみればわかります。さらにクリーニングシステムも整ってきましたし、以前ほど他人の物を使うのが嫌だという人も減ってきています。

そこで、最近話題になっているのが、家具のレンタルで有名なジモティー。

使わなくなった家具を無料であげたり、レンタルしたりすることもできます。さらに今では、セミナー広告の募集や中古車販売も行っています。

地元の掲示板ジモティー

参照:https://jmty.jp

例えば、このようなビジネスモデルを参考にして、教科書や、図鑑など、買うには抵抗があるけどレンタルなら、といった商品にフォーカスをあててECサイトを展開しても面白いかもしれません。

輸入雑貨ショップのビジネスアイデア

本記事をご覧になっている方の中には、北欧雑貨やアジアン雑貨、アフリカンダイニング雑貨を売ってみたい!という夢をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こういった海外の雑貨というのは需要も高いものです。自分の好きな地域に絞ってその雑貨を輸入し販売してみるのも面白いのかもしれません。

海外出張に出る日本人向けのビジネスアイデア

棒ラーメンはご存知でしょうか?

おいしいラーメンでありながら、かさばらないことから、登山愛好家に人気の商品です。

マルタイの棒状らーめん

参照:http://www.marutai.co.jp/products/stick/

このように、海外出張か何かで海外へ日本のお土産をもって行く忙しいビジネスパーソンに向けて、かさばらない日本の商品をネット販売してみるのも需要がありそうですね。

ハンドメイド商品のネット販売するビジネスアイデア

もし自分で裁縫など、ハンドメイドを昔からやっていたなどの経験があれば、それを自らのECサイトで販売してみるのも面白いかもしれません。

もしくはご自身の周りに趣味程度でやっているけれど、出来栄えは一品だ!という方がいたりするのであれば、その方にハンドメイド商品作成を委託するのもいいかもしれませんね。

独自のデザインTシャツを販売するビジネスアイデア

ファッションに興味があったりデザインスキルなどをもっていたりされるのであれば、独自にデザインしたTシャツをオンライン販売してみるのも面白いかもしれません。

防犯グッズを販売するビジネスアイデア

昨今物騒な事件が増えている中で、ますます防犯への重要度は高まっています。
刷新的な防犯アイテムをネット販売すれば大きな需要を見込めるのではないでしょうか。

個性豊かな介護関連グッズを販売するビジネスアイデア

人手不足で悩まされる介護業界ですが、若者からの注目を集める意味でも、介護業界にファッション分野で進出するのも面白いかもしれません。

同じ色の服、同じような部屋、同じ体操に、同じような食事のメニューは、確かに介護の負担を軽減させますが、もっと個性豊かな介護服が合っても良いと思います。

いかがでしたでしょうか。是非、以下の海外ECサイトの事例も参考にしてみてください。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。