ECサイトで多店舗展開するメリット・デメリットとは? | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2019.5.12

ECサイトで多店舗展開するメリット・デメリットとは?

ECサイトをより成長させるためには、多店舗展開をすることも有用な方法です。「Amazon.co.jp」や「Yahoo!ショッピング」、「楽天市場」などの多くのECモールを上手く活用することが、成功に向けての有効な手段となります。
集客力アップという大きなメリットが期待できる多店舗展開ですが、複数のサイトを活用することによるデメリットがあることも事実です。詳細について見てみましょう。

大きな影響力を持つECサイト

ECサイトの成長性や将来性が取り上げられる機会が増えてきました。ネットワークサービスの躍進が背景にあることは間違いないといえるでしょう。

ECサイトで多店舗を展開することのメリットについて挙げていく前に、まず、モール型ECサイトについてみていきます。主要なECサイトのうちの大半が、ECモールでの売上を大きく伸ばしています。ECモールでの恩恵を受けるためにも、多店舗展開が必須になるといえるでしょう。
ECモールといえば、「Amazon.co.jp」や「Yahoo!ショッピング」、「楽天市場」などが代表格として挙げられます。いずれも日本のマーケットでの活躍ぶりには定評があります。

多店舗展開をすることで、検索エンジンでは必ずといって良いほどに、上位にヒットすることになるため、販売実績につながることが期待できます。「Amazon.co.jp」や「Yahoo!ショッピング」などのECモールの実力は徐々に増してきており、ネットワークサービス全体でもかなりのシェアを持っています。

その大きな原動力となっているのが、巨大ECモールならではの潤沢な資金力です。年間当たりの莫大な広告宣伝費などを確保することができるため、ECサイトでも圧倒的な優位性を持っています。そのため、資本力に乏しい中小規模のサイトや新興勢力にとっては、太刀打ちできないというのが現状です。

こんなにもある?多店舗展開のメリット

多店舗展開をすることによって、より多くの客層を集客できるというメリットが挙げられます。性別や年代を問うことなく多くの人に自らが提供するサービスや商品を紹介できる機会が増えることになるでしょう。多店舗展開を成功させるためには、当然ながら緻密な戦略も必要です。
「黙って出店すれば、利用者や売上が伸びる」というほど、ECサイトでのビジネス展開も甘いものではありません。ターゲット層を絞って販促活動を行ったり、クーポンや期間限定のサービスを行うなどの取り組みも必要となります。このようにさまざま工夫を取り入れることが成功を呼び込むことにつながり、成功例として自分の財産になると思います。

多店舗展開することによるメリットは他にもあります。複数の店舗を展開することで、自然と来客数が増えることになり、その結果知名度がアップするということが期待できます。また、それぞれの店舗の売れ行きや実績などのデータをより多く集めることができ、販売戦略に繋げることも可能です。

デメリットも要チェック

多店舗展開のメリットばかりが目立ちますが、デメリットや留意点についても理解しておいた方が無難です。

デメリットの中でも、最も大きいのが管理やメンテナンスが複雑になるという点だと思います。複数の店舗で展開することになれば、当然ながら、より多くの手間暇がかかることになります。場合によっては、運営のために新たに人材を確保する必要もあるでしょう。

ますます活況を呈するECサイト!カギを握る多店舗展開

ネットワークサービスの躍進が続く現代社会において、ECサイトの多店舗展開が大きく注目されています。
もはや、多店舗展開が当たり前というような風潮もありますが、その背景にあるのが、多店舗展開をすることにより多くのメリットを享受できる点です。より多くの人の目に触れることで、ビジネス展開にも好影響が及ぼされます。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。