【目に留まる】ECサイトのキャッチコピーのつくり方を解説! | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2019.5.12

【目に留まる】ECサイトのキャッチコピーのつくり方を解説!

「ECサイトを使って魅力的なサービスや商品を世界中の人に知ってもらいたい」「印象に残るキャッチコピーが思いつかない」と悩む方は多いのではないでしょうか。キャッチコピーを作るには、ちょっとしたコツがあります。「なんだか面白そう!」と印象に残るキャッチコピーを作るときに役立つ3つのポイントをご紹介します。

やさしい表現に置き換える

ECサイトのキャッチコピーを作るときに一番重要なのは、「シンプルで分かりやすい表現」にこだわることです。普段私たちが日常で使っている言葉や表現を用いることで、ユーザーの親近感を引き出すことができます。アピールしたい商品の特徴をやさしい表現に置き換えてみたり、対象のユーザーが好きな言葉をリサーチすることでひらめくかもしれません。

海外の場合は、海外でもそのまま伝わる日本語を利用する手もあります。「着物(kimono)」「可愛い(kawaii)」「弁当(bento)」「もったいない(mottainai)」など通じる言葉は意外と多いです。海外でもそのまま伝わる日本語が利用できそうな場合は、ぜひ活用しましょう。

シンプルに言葉や単語の組み合わせで考えてみるのもおすすめです。単純な日本語は海外の方にとっては新鮮に感じるようです。「歩く(aruku)」や「手紙(tegami)」といった平坦な日本語でも、日本のエッセンスを感じるキャッチコピーとして受け入れられます。商品そのものの名前だけでも、強力なキャッチコピーに変身することがあります。

日本語と英語を掛け合わせて新しい言葉を作る

自分の商品を魅力的に見せるECサイトのキャッチコピーを作るなら、センスの良いものにしたいですよね。商品やサービスの強みやメリット、どんな人に届けたいのかをもう一度しっかり落とし込んでみると、どの単語を掛け合わせれば良いのかが見えてきます。国内を含め全世界に向けて発信するなら、世界の共通言語としてよく使われている英語を利用するのがおすすめです。

英語を利用するときは、簡単な言葉を使うことが大事です。辞書で調べないと出てこないような難読字は、「なんだかとっつきにくい」とECサイトからユーザーが離脱する原因になるので避けたほうが良いでしょう。

また、単語を掛け合わせるときは、単語の持つ表現力にも注意してみましょう。女性やティーン向けには「p」や「m」の含まれた言葉を使うと、やさしく親しみのあるイメージを表現することが出来ます。また「g」や「z」などの濁音の含まれた言葉を使うと、より男性的で力強いイメージになります。

メリットとベネフィットを組み合わせる

キャッチコピー商品やサービスを使うことで、どのような利益をユーザーに提供できるかをシンプルに表現すれば、強力なキャッチコピーを打ち出すことができます。メリットとは商品自体が持つ機能や事実のことです。そしてベネフィットとは、商品やサービスを利用することでユーザーにもたらされる体験のことです。

例えば、「健康食品を購入した人が、健康的になったことで家族から若返ったと褒められた」という場合、どの部分がメリットとベネフィットに該当するのでしょうか。メリットは「健康になったこと」、そしてベネフィットは「若返ったと褒められた」ことです。

このように、商品やサービスの特徴とユーザーに間接的にもたらされる利益を組み合わせることで、ECサイトをより魅力的にアピールするキャッチコピーを作ることができます。

ECサイトのキャッチコピーは、シンプルで分かりやすい表現にしよう

ECサイトのキャッチコピーを考えるときに、押さえておきたいポイントを3つご紹介しました。どのポイントにも共通することは「とことん簡潔に」という点です。無駄をそぎ落とす作業は想像以上に難しいものです。ECサイトを利用するユーザーの立場になって考えることで、より魅力あふれるキャッチコピーを導き出せるようになりますよ。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。