これだけは欠かせない、ECサイトを成功に導く競合分析の方法とは | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2019.5.12

これだけは欠かせない、ECサイトを成功に導く競合分析の方法とは

ECサイトの運営を行う場合に考慮しなければいけないのが、同じような商品を販売している他のECサイトの存在です。

自分のサイトで利用者に商品を購入してもらうためには、競合するECサイトよりも魅力的なサイト作りが必要になります。そのような場合に欠かせないのが競合するECサイトを分析して、それを自分のお店のサイト作りに役立てる方法です。

魅力的なECサイト作りに役立つ競合分析

ECサイトの運営を成功に導くための競合分析を行う場合に重要なのが、まず自分のECサイトと競合しているECサイトの存在を具体的に把握することです。自分のサイトと同じような商品を扱っているECサイトが、競合関係にあるサイトと言えます。共通して扱っている商品が多ければ多いほど、より強い競合関係にあります。
こうしたECサイトは、自分のサイトを訪れている利用者が同時に訪れている可能性も高いです。インターネットで目的の商品を購入する顧客は、複数のECサイトにアクセスして利用するお店を決めている場合も多いため、自分のお店で商品を購入してもらうためには、その点でも魅力あるサイト作りが不可欠になります。

どのようなECサイトが自分のサイトと競合しているのかを簡単に知ることができる方法としては、インターネットの検索サイトで、自分のお店が扱っている商品の名前を検索する方法があります。ただ単に商品の名前を入力して検索するのではなくて、「購入」や「販売」などの単語と一緒に検索すれば、その商品を購入できるサイトや販売しているサイトを絞りこむことができます。
検索結果が表示された場合にまず確認しておかなければいけないのは、どのような順番で検索結果が表示されているかです。検索結果で上位に表示されるようなECサイトは多くのインターネット利用者に検索されていると考えられるために、より多くの顧客が商品を購入している可能性も高いです。そのために競合分析を始める場合には、まずこうした人気のECサイトの分析から始めるのが適当です。

競合するECサイトを分析するためには、まず自分でそのサイトにアクセスしてみるのがわかりやすい方法です。そのサイトを閲覧して自分で自社の扱っている商品を購入する手順を踏んでみることで、そのサイトの大まかな構成を把握することができます。
この際に確認しておくべきなのは、どのような手順でそのECサイトが商品を購入できるようになっているかです。サイトを訪れる利用者の中には特定の商品を購入することを念頭に入れてお店探しをしている人も多いので、商品を購入してもらうためには、より簡単に目的の商品を見つけることができるサイトの構成が不可欠になります。

競合するECサイトの中にはこのような商品検索をわかりやすく表示することで、多くの利用者に利用されている場合もあります。自社のECサイトを利用してもらうためには、こうした人気のあるサイトの構成の良いところを取り入れることも有効な方法です。
例えば利用者がよりわかりやすく商品を検索できるように、サイト上で商品の分類にも工夫をしている場合にも、競合サイトの分析は有効な方法です。それらの工夫を自社のサイトにも上手く取り入れることで、より利用しやすいECサイト作りに役立ちます。また人気のあるECサイトの中には商品の紹介ページ以外にも人気のあるコンテンツが存在する場合もあります。そうしたページの内容を研究して、自社のサイト作りに役立てることも、より幅広い顧客に自社のサイトをアクセスしてもらうために重要な手段です。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。