ECサイトのSEO対策クオリティチェック!|大事な4つのポイント | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2019.5.12

ECサイトのSEO対策クオリティチェック!|大事な4つのポイント

ECサイトに求められるものには、画面の見やすさや操作性などのユーザビリティや在庫管理などのしやすさ、そしてSEO対策という項目があります。
特にこのSEO対策はただ行ってそのままにしておくだけでは効果が見込めません。常にそのSEO対策が適切なものであるか、クオリティをチェックする必要があります。ここでは、クオリティチェックを行う際に大事な4つのポイントをお伝えします。

個別のページだけでなくサイト全体を見て対策を行おう!

まずチェックして欲しいのが、個別のページだけでなく、ECサイト全体のSEO対策が出来ているかという点です。
Google検索は、コンテンツページ単独ではなく、そのサイト全体を見て評価します。
つまり、閲覧数を上げたいページにのみSEO対策を行っても、サイト全体の評価が低ければ検索上位にはなりにくいのです。Google検索に低評価をされてしまう、広告が多い、他ページとの差異が少ないなどというページを削除したり、リライトしたりする対策が必要になります。

検索するユーザー目線で考えよう!

次にチェックして欲しいのは、サイトやページ内の文章です。
例えば、検索数を増やしたいからと言って、単純に検索キーワードを盛り込んだだけの文章です。検索キーワードと付随してユーザーが入力するであろうワードも入れておかなければ、検索数アップにはつながりにくいです。
また、文字数だけを増やして検索数アップを見込むという手法も望ましくありません。コンテンツの内容が薄くなってしまう事により、Google検索の評価が低くなってしまう恐れがあります。検索するユーザーが求めている情報だけを、シンプルに掲載することが大切です。

重複コンテンツが無いか、リンクが最適かという点もチェックしよう!

重複コンテンツの存在もGoogle検索から低評価を受けてしまう要因となります。
重複コンテンツと判断されてしまうのは、サイト内で似たようなコンテンツページが存在する、他サイトと酷似した内容のコンテンツがあるなどといった場合です。重複コンテンツがあると、被リンク評価が分散されてしまったり、最悪の場合ペナルティ対象となったりします。自社のECサイト内はもちろん、競合各社のECサイトも確認してSEO対策を行いましょう。

サイト内のリンク元とリンク先が適切か、外部リンクの価値の低いサイトから過剰にリンクされていないかなど、リンクの最適化という対策も重要です。特に外部サイトからのリンクの問題は自社では対策が出来ないため、そのようなサイトからのリンクを否認するなどの処置をとる必要があります。

検索するユーザー目線で考えよう!

ECサイトのSEO対策には、対策をした後にもチェックしておかなければならない項目がたくさんあります。自社のサイトのチェックだけでなく、競合他社のサイトやGoogleなどの検索エンジンの評価基準などを常にチェックして、常に適切な対策を行う必要があります。自社のECサイトの評価を高い状態でキープし、さらなる集客につなげていきましょう。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。