【保存版】担当者はおさえておきたい越境ECサイト販促カレンダー | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2019.12.6

【保存版】担当者はおさえておきたい越境ECサイト販促カレンダー

越境ECを扱うサイトで効果的な販促を行うためには、世界の祝日・イベントを踏まえた販促カレンダーを確認しておくことが重要です。

以下に示す、ECサイト販促カレンダーに基づき、適切なタイミングでイベントやキャンペーンを打ち出すようにしましょう。

1月の第3月曜日「ブルーマンデー」

「ブルーマンデー」と呼ばれるこの日は一年で最も気持ちが落ち込む日として知られており、人々は家でオンラインショッピングに勤しみます。

あなたが越境ECを扱うのであれば、この日にあわせてマーケティングキャンペーンを行うのがよいでしょう。

2月14日「バレンタインデー」

あなたのサイトで何かロマンチックなものを販売しているのであれば、この日は勝負の日になるかもしれません。ホームページで宣伝をしたり、顧客にメール配信したりして販促を行いましょう。

最も重要なのはパートナーがいる人々に対して、準備をしなくてはならないという「危機感」を煽ることです。

2月「ニューヨーク&ロンドン・ファッションウィーク」

2月と9月に年2回開催されるのがニューヨークとロンドンのコレクションです。2月にはその年の秋冬物が、9月には翌年の春夏物が発表されます。

ファッションに関わる人にとって一大イベントであるこの週にあわせて、あなた独自のスタイリッシュなプロモーションを行い、お客様に新しいファッションを提案しましょう。

4月「イースター」

イースターはキリストの復活を祝うと同時に、冬の終わりと春の始まりを祝う祭りです。春らしいパステルカラーを用いて、あなたの創造力を発揮しましょう。

イースターエッグハントは規模や種類に関わらず、あらゆるビジネスに適したアイディアの一つであり、あなたのECサイトをとても魅力的にします。あなたのサイトの深い階層のページにいくつか「卵」を隠してください。

重要なのはその「卵」を見つけたサイトユーザーにあなたがどんな商品をプレゼントするかということです。当選者が得したと思えるような商品を考えましょう。

5月の第2日曜日「母の日」

我々はみな母親から生まれてきていて、多くの人が自分の母親を愛しているので、母の日には多くの人にとって重要なイベントです。

アメリカや日本を含む多くの国では母の日は5月の第2日曜ですが、5月の他の日に祝う国・地域もあり、イギリスにおいてはイースターの3週間前に当たります。

あなたのブランドの顧客層を分析し、どのタイミングで母の日のマーケティングを行うかを決める必要があります。

5月から7月「結婚式シーズン」

eBayによると、結婚に関するあらゆるもののオンライン検索が増加しているといいます。ウェディングドレスから婚約指輪まで、より多くの顧客が伝統的な店頭での購入やオーダーメイドを避け、オンラインサービスを好む傾向にあるようです。

6月の第3日曜日「父の日」

母の日と同程度の流通が期待でき、同様にターゲットを絞ったマーケティングが有効です。

6月から9月「フェスティバル・シーズン」

夏のフェスティバル・シーズンは音楽が好きな人々にとって忙しい時期です。世界で最も有名なグラストンベリー・フェスティバルを例にとると、153,000人が来場し、その多くはキャンプ用品やフェスティバル用の衣装や長靴を買います。

ファッションを扱っているECサイトならばフェスティバル向けのコンテンツに投資を、すでにキャンピング用品を扱っているのであれば、フェスティバル用にセット割引をしてみてはいかがでしょうか。

10月31日「ハロウィーン」

米国では2018年には90億ドルがハロウィーンのために消費されたとされ、またイギリスでも年々ハロウィーンの人気は高まってきています。日本でもその市場規模はここ数年増大しており、2018年の経済効果は1240億円とバレンタインデーに匹敵する規模でした。

あなたの販売する商品がハロウィーンと直接関係がなく具体的なプロモーションができないのであれば、みんなで仮装をして写した写真を投稿するのもいいかもしれません。

感謝祭(11月の第4木曜)の翌日「ブラックフライデー」

もともとはアメリカの休日でしたが、昨今はECの広がりにより国際的なイベントになっています。

この日からクリスマスシーズンが始まると考えられているため、あなたのECサイトがクリスマスに向けた準備ができているかを確認するベンチマークとなるでしょう。

感謝祭(11月の第4木曜日)の次の月曜日「サイバーマンデー」

ブラックフライデーから始まる年末商戦の中でも、特にECサイトでの売り上げが伸びる日です。

12月25日「クリスマス」

クリスマスは間違いなく一年で最も忙しい日の一つであり、ECサイトでのショッピングが占める割合は年々高まっています。

あなたのサイトでクリスマスに向けたキャンペーンを行うのであれば、遅くとも6週間前までに開始するようにしましょう。

12月26日「ボクシングデー」

クリスマスセールは年々早くなってきていますが、ボクシングデーは依然重要な日であり、オンラインショッピングの売り上げは10億ポンドに上ります。

1月は売り上げが落ち込みがちなので、この機会に余剰の売り上げを稼ぐようにしましょう。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。