【2020年版】ECサイトの集客方法を成功事例と共にご紹介! | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2019.8.14

【2020年版】ECサイトの集客方法を成功事例と共にご紹介!

運営を開始したものの想定の通りにお客様が集まらず売上などの成果に繋げることができず苦労をしている方が多いのではないでしょうか。

今やコンテンツマーケティングはECサイトを運営する上で絶対に切ることができないと言っても過言ではありません。今回、あなたが運営するECサイトに役立つマーケティングの成功事例を5つご紹介します。

メールマガジンを通したユーザーとの関係性を築き、集客に成功

メールマガジンでの集客

男性用下着のECサイトDaily Jocksの成功事例です。

Facebookやブログなどで、有名人が履いている下着や最新のパンツの流行を配信することで「男性用の下着お得情報サイト」としてECサイトに興味がある初期ユーザーを獲得。

その後、獲得したユーザーへの継続的なフォロー施策として、メールマガジンを配信することでユーザがファン化する仕組みづくりに成功したECサイトです。ソーシャルメディアでは、情報がユーザーに届く確率を調整されてしまうことがあり、ターゲットへのリーチが思うように成果がでないことがあります。

ですが、メールマガジンは登録したユーザーのメールボックスに配信をされるためユーザーが必ず目を通します。その中にお得なクーポンやこのメルマガを読むことでしかわからない情報を盛り込むことで「ここで売られている下着を買いたい」という顧客心理を作ることに成功しました。

Daily Jocks

公式サイト Daily Jocks

お客様にとって役に立つコンテンツを揃えたECサイトで集客に成功

コンテンツを揃えて集客

ここでは、3つの成功事例を元に解説していきます。

石けん百科

石けん百科は、SEOやGoogleの検索アルゴリズムなどを意識せず、徹底してユーザー目線の運営を続けていたら結果的にGoogleが「好む」ECサイトに成長した事例です。

ユーザーにとって役に立つ専門知識を掲載した解説サイトや商品の口コミサイトなどの姉妹サイトの運営、ユーザーがわかりやすく使いやすいページ作りを意識し続けていった結果、姉妹サイトのコンテンツを通してネットショップの売上向上につながりました。

石けん百科

公式サイト 石けん百科

北欧、暮らしの雑貨店

北欧、暮らしの雑貨店は、スタッフの生活を通したライフスタイルの提案で集客に成功した事例です。

このECサイトの特徴は商品の宣伝ではなく、運営スタッフの普段の生活の中でどのように商品を使っているのかを掲載することで、「自分の家ではどんなふうに使われているのか」をイメージさせてから「この商品を自分でも使いたい」というユーザーの心理を作り商品の購入に繋がるECサイト作りに成功しました。

北欧、暮らしの百貨店

公式サイト 北欧、暮らしの百貨店

NOCE

NOCEはアパレルサイトの「マネキン」をインテリアに応用したECサイトです。

家具単体ではイメージがしにくい部屋全体のコーディネイトとして特集、特集ページに掲載されている商品情報を一覧で掲載をすることで部屋にあわせた家具の組み合わせをさせやすくし、集客につなぐことができました。

また、会員登録をすると家具のお気に入り登録ができる「マイ・コーディネイト」機能や、商品ページにちょっとしたメモも残すことができるので合わせたい家具のイメージなども即座に残すことができる他のインテリアサイトに無い機能をつけることでユーザの獲得につなげました。

NOCE

公式サイト NOCE

Facebookを通してコアなファンの獲得に成功

Facebookを通してコアなファンの獲得に成功

お米を使った自然派化粧品として有名な化粧品ブランド「ライス・フォース」の成功事例です。

ライス・フォースはFacebookをメインで扱っている30代〜50代の女性にターゲットを絞り、この世代の女性が好む日常の内容や旅行風景・食べ物などの親近感を持つ情報を定期配信することでコアなファンの獲得に成功をしました。

Facebookでブランドのイメージに合わせた情報を配信することで、ブランドイメージの構築とブランドそのものを好きになってくれるファンを増やす戦略が成功した事例になります。

ライス・フォース

公式サイト ライス・フォース

facebook https://www.facebook.com/riceforce

集客の秘訣は顧客をファンにさせることがポイント

いかがでしたでしょうか。今回、ECサイトの集客に成功した5つの事例を紹介しました。

5つの事例を通してわかることは、「サイト運営者側の都合や目線で考えた運営」ではなくユーザが「またここで買いたい」、「ここの商品やコンテンツが好き」といったファン作りを重視した運営を続けることがECサイトの集客にとって成功の秘訣と言えるでしょう。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。