【2020年版】高級ブランドのShopify導入事例をご紹介! | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2020.11.3

【2020年版】高級ブランドのShopify導入事例をご紹介!

デザイン性とカスタマイズ性の高さが人気となっているShopifyは、手軽に導入しやすいレンタルカートシステムとして世界中で使われています。そして、世界175カ国100万店以上で使われているからこそ、世界展開をしたいと考えている多くの事業者に支持されているわけです。

世界展開するために高級ブランドがShopifyをどのように導入しているのか、解説してみましょう。

直感的なイメージで展開しているCDG

高級ブランドのコム デ ギャルソンが新しいブランドとして立ち上げたCDGは、コム デ ギャルソンのロゴをデザインしたアイテムが人気です。いち早くブランド展開を行うためにEコマースを積極活用していて、世界展開するための方法としてshopifyのカートシステムを採用しています。

CDGのトップページへアクセスすると、Tシャツやシューズといったストリートファッション向けのアイテムに入っているCDGのロゴデザインのみが動くページとなっていて、商品説明無しで最初にブランドイメージを提示しているのが特徴です。そして、気になったデザインがあれば該当商品をクリックすることで商品説明と販売カートが連動した注文画面へと切り替わります。

通常販売と最先端ファッションの提案という2面性を両立

セレクトショップで販売可能な商品数には限りがあります。そこで、ブランドを世界展開しつつ市場動向に関して情報収集を行いたいと考えてshopifyを活用している事例としてKITHが挙げられます。

2011年にニューヨークで設立されたセレクトショップ発祥のKITHは、スニーカーコレクター兼デザイナーとして知られるロニー・フィグにより生まれました。メンズ・ウィメンズだけでなくキッズ向けのアイテムを提案することにより、商品のバリエーションが豊富な点をアピールしています。また、最先端ファッションを提案することにも注力していて、shopifyによりアイテムデザインを前面に押し出す展開を行っています。

基本的なサイトデザインは英語で、希望の発送先に対応しているかどうかをshopifyのカートシステムにより先にロケーションデータから表示します。実際にはブラウザ経由で翻訳機能を使えば大抵の注文に対応できる点から、世界展開をスムーズに行うためにshopifyでサイトデザインまで行っているのです。

また、新作コレクションのみを別ページに展開して、毎週月曜日に行うセール狙いの顧客とは分離する構成により取扱品目数が増えても同じホームページのまま展開し続けることができます。

特定のジャンルに特化したブランド展開を行う

一部のジャンルのみを取り扱ったブランド展開を行うためにshopifyを使った事例として、Palace Skateboardsが挙げられます。Palace Skateboardsは、ロンドン発のスケートブランドでスケートボード愛好家に人気です。スケートボードの激しい動きを行っても違和感ないように工夫されたデザインになっており、日本国内では表参道に世界3店舗目を出店しています。

Palace Skateboardsは、World ShopだけでなくUSA ShopJapan Shopという3種類の公式サイトを展開していて、住んでいる場所や地域に合わせて、最も近い場所の拠点から商品を取り寄せられます。配送先の国や地域の設定をshopifyで行うことにより、少ない手間で増やすことができるので、欲しいと思った商品を手軽に手に入れることが可能なのです。

また、shopifyのレンタルカートシステムを導入することで、どのホームページからアクセスしても同じ商品を購入できます。その他にも、商品情報・出荷追跡情報・サイズ詳細情報といったインターネット通販を利用するために必要な情報が揃っていて使いやすいサイトになっています。

特定の目的を持った世界展開をshopifyならすぐに実行できる

新しいブランドや特定分野に特化したファッションを世界展開させたいといった目的に対して、shopifyのレンタルカートシステムは手間と維持費をそれほどかけずに効果を出すことが期待できます。

世界175カ国に対応でき、なおかつカスタマイズ可能なshopifyは、柔軟性と拡張性に優れていて既に数多くの事業者に使われているからこそ安心して利用しやすいと言えるでしょう。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。