Shopify通常プランとShopify plusの違いを解説! | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2020.10.29

Shopify通常プランとShopify plusの違いを解説!

Shopifyにはいくつかのプランがあります。選んだプランによって料金やえられるサービスは異なっているため、ビジネスを安定させるには自身の状態にあったプランを選ばないといけません。

Shopifyのプランにはどういった違いがあるのでしょうか。今回はShopify通常プランとShopify plusの違いについて解説していきます。

基本料金と各種手数料に違いがある

Shopify通常プランの料金は約3,200円なのに対して、Shopify plusは約21,800円となっています。(ただしShopify plusは月商が約8000万円以上になると、売上の0.25%が徴収されるようになります。)

基本料金だけでなく、オンラインクレジットカードの手数料もまた違いますので気を付けてください。Shopify通常プランの手数料は国内が3.4%で海外が3.9%なのに対し、Shopify plusの手数料は国内が3.15%で海外が3.75%となっています。

またShopifyペイメント以外の決済サービスを利用したときの追加料金も、プランによって大きな差がみられます。Shopify通常プランは2.0%で、Shopify plusは0.15%です。

基本的に「Shopify通常プランは基本料金が安く手数料は高い、Shopify plus基本料金が高く、手数料は安い」という違いがあるとみて良いでしょう。

サイトの設置数にも違いがある

Shopify通常プランとShopify plusで異なるものの一つがサイトの設置数です。Shopify通常プランの場合は設置できるサイト数が最大2つであるのに対して、Shopify plusは最大10つまでサイトの設置が行えます。

サイト数が増えることによるメリットは「顧客に合わせたサイトが作れる」ことです。顧客によって求められるものは異なっており、例えば消費者が一般の人である場合は価格が重要視されるのに対し、企業であれば品質が重要視されるなど、顧客の種類によって同じ商品であっても求められることが多いです。

設置できるサイトの数が少ないと、メインの顧客に対してアプローチするサイトしか設置できないですが、多くのサイトを設置できると用途別にサイトを作れます。たとえば1つ目のサイトは一般消費者向け、2つ目のサイトは企業向け、3つ目のサイトは海外への発信用などといった使い分けがおこなえるようになります。

ただしサイトの増設は便利な反面、サイト自体の整備の手間を増やすことにもなりますのでやりすぎないようにしてください。

 Shopify plus はShopify Scriptsが使える

Shopify plusを導入するとShopify Scriptsが使えるようになります。Shopify Scriptsとは、Shopifyのサーバー上で機能するスクリプト群(簡易プログラムの集まり)のことです。 導入すると、商品から割引や値引きをはじめ、2万円以上お買い上げをすると1000円の値下げをするといった、段階別ディスカウントなどの仕組みが作れるようになります。

さらにShopify Scriptsでは商品に対してだけでなく、VIPなど特定のお客様に対しては送料を無料にすることや、決済方法のデフォルト選択など商品の輸送や実際に関するサービスも含まれています。

Shopify Scriptsでえられるサービスは、一般的にお客様が多いほど効果があるため、多くの顧客を集めることが前提となっているShopify plusには欠かせないサービスと言えるでしょう。

Shopify plus であればShopify Flowによるタスクの自動化がおこなえる

商品の在庫がなくなったことを知らせる通知や、複数回の商品購入したユーザーに対してクーポンを配信するなど、顧客満足度を上げるためには様々なこと行わなければいけません。Shopify Flowではそうした活動の一部を自動で行なってくれるようになります。

そのため面倒な作業をShopify Flowに任せられるようになることでメンバーの負担が減少し、新しい商品開発や顧客開拓など他の業務に作業を集中させるようになります。

Shopify FlowのサービスもShopify plusの契約をすると無条件に得られるようになりますので、積極的に活用してみてください。

まとめ

Shopify通常プランとShopify plusは名前が似ていることからほとんど違いがないものとみなされることも少なくありません。ですが基本料金や手数料の金額、Shopify FlowやShopify Scriptsが利用できるなど、内容はかなり異なっています。

売上の規模や今後の事業展開などによってどちらのプランが適切かは変わってきますので、そうしたところで気をつけてShopifyのフラン加入を行いましょう。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。