Shopifyを使った日本の単品ECサイトの事例をご紹介 | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2020.9.5

2020.9.5

Shopifyを使った日本の単品ECサイトの事例をご紹介

商品のラインナップが多いと、様々なお客さんを呼び込めることから、安定した売上を上げるための重要なファクターとなっています。種類が多いのはよいこと、とうのはインターネットで店舗を作るShopifyもまた例外ではありません。

ですかShopifyにはそうした常識から逆行したように特定の商品しか使わないECサイトというのも存在しています。今回はそうしたShopifyで日本の単品ECサイトの事例を情報収集しましたので紹介していきます。

オフライン音声通訳・翻訳機「ili(イリー)」

「ili(イリー)」とは通訳や翻訳をしてくれる端末のことです。英語、韓国語、中国語が選べるようになっており、端末に向かって話しかけると翻訳した言葉が流れてきます。

「ili(イリー)」のすごいところはオフラインで利用するところです。言葉の種類は元号に関係なく膨大にあることから、通常の翻訳機はオンライン接続していることが前提です。ところが「ili(イリー)」の場合は端末内部に辞書を搭載していることから、オフラインの環境にあっても翻訳や通訳機能が使用できます。

オフラインでも活動できることのメリットは海外でも問題なく使用できることです。海外の場合日本と通信規格が異なるなどの事情で日本の製品がそのまま使えないことがあります。ですが「ili(イリー)」はそうした皮革の違いの影響を受けることなくいつでもどこでも通訳や翻訳が可能です。

オフラインの環境で翻訳や通訳をすることから、端末そのものが重いようなイメージを持ちますが、そんなことはありません。端末自体は手のひらサイズであり重さも42 グラムほどしかないため、スマートフォンと同じような感覚で持ち運べるようになっています。

ただしオフラインで使用することや端末に入れられる言葉に限りがあることから、言い回しの種類が少ないことには気を付けてください。海外旅行とかであれば十分ですが、繊細な言い回しが要求されるビジネスや、交渉の場では他の端末を使うほうが良かったりします。 

ドッグカメラ「Furbo」

犬や猫などペットを飼っている家庭は多いです。普段は散歩に行ったり餌をやったりと一緒に過ごしていますが、仕事などで自宅を離れるとペット達は一人で留守番をしているかと思います。 留守番中のペットたちはどういったことをしているのか気になる人もいるのではないでしょうか。

留守番中にペットが何をしているのか気になる方はドッグカメラである「Furbo」を使ってみてください。Shopifyの単品ECサイトで販売されています。

「Furbo」の面白いところは「多機能」あります。「Furbo」自体はドッグカメラという立ち位置ですがマイク機能が内蔵されており、専用アプリをスマートフォンにインストールすれば、スマートフォンを使ってペットに話しかけることもできます。そのため職場にいながら、休憩時間中などであればペットと遊ぶことも可能です。

メイン機能であるカメラも、1080pのフルHDで4倍ズーム、160°ワイドアングルで自動暗視に対応しているなどかなりの高性能です。また「Furbo」には音声通知機能が搭載されており、ペットが何かしらの理由で鳴くと、鳴いたという情報がアプリ経由で飼い主に通知されます。

カメラやマイク機能以外では、おやつを収納するスペースも設けられています。おやつの種類にもよりますが100個以上のおやつを入れられるため、離れた場所でもおやつを使った遊びができるのが「Furbo」のおもしろいところです。

デジタル窓「Atmoph Window」

窓から見える風景は変わらない。多くの人はそう思っているでしょう。ですか Shopifyの単品ECサイトで販売されている「Atmoph Window」はそうした常識を覆してくれます。

「Atmoph Window」とはいわゆるデジタル窓であり、世界のさまざまなところで撮られた風景を窓に映し出してくれます。「Atmoph Window」の面白いところは「複数あると部屋のイメージが変わること」です。一つだけであっても様々な風景が映し出されることから面白いのですが、複数入手して連動させたうえで風景を映し出すと部屋のイメージが一変するという面白さを持っています。

「Atmoph Window」が映し出すのは静止画だけではありません。 wi-fiを使えば特定の場所の風景をリアルタイムで映し出せるようになっており、次々と景色が変わる動画を窓で描けるようになります。

「Atmoph Window」では提供される風景を映し出すだけでなく、自分が持っている風景も映し出すことが可能です。旅先で撮った記念品のような写真がありましたが、「Atmoph Window」に移してみてはいかがでしょうか。

まとめ

Shopifyを使った日本の単品ECサイトで販売しているものは、いずも多機能であり様々な用途で使えるようになっています。そうした汎用性の高さを持っていることから、あえて単品ECサイトにしたのかもしれません。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。