【EC担当者必見】SKUとは?いつ使うの?わかりやすく簡単解説! | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2020.6.10

【EC担当者必見】SKUとは?いつ使うの?わかりやすく簡単解説!

今回は、ECサイトを運営する上で必ず覚えておきたいSKUについて解説していきます。

ECサイトで「食品」や「衣類」など何かしらの商品を販売するなら、担当者としてSKUという用語を使う機会は非常に多いです。

また、サイトデザインによっては、EC制作の段階からSKUを知っておかなければなりません。

SKUとは?

SKUは「Stock Keeping Unit」という英語表記の略語で、意味は商品の区分や種類をわけるときの最小管理単位です。

販売や配送など幅広い事業で使われており、とくに物流業界では日々のビジネスで当たり前のように目にします。

SKUの数え方・読み方

SKUはアイテムをさらに細かく分類したいときに使います。

たとえば、Tシャツというアイテムを白・黒・青の3色に分類したいとき、そのTシャツは「3SKU」と数えます。

さらに、サイズがS・M・Lと3種類あるなら、3色のカラーと合わせて合計9通りのパターンがあるため、この場合は「9SKU」です。

もし、「20SKU」という表記を見かけたなら、それは20通りの種類があるという読み方になります。

ECサイトでSKUはいつ使う?

ECサイトで販売する商品の種類が極端に少ない場合は、SKUを使う必要はないと思いますが、将来的なことも考慮しておくことは大切です。

たとえば、Tシャツを販売するとき、その商品はSサイズの白色しか販売しないのであればSKUという単位を使う必要はありません。

しかし、実際は売り上げを伸ばすためにも種類を増やすケースは多いはずです。

今の段階でSKUを使う必要がなくても、将来的に最小単位で在庫管理する必要があるのであれば、ECサイトでSKUに対応できる環境を整えておくほうが効率的ですね。

ShopifyのSKUフォーマット

EC制作ツールによってSKUの機能はさまざまですが、ここではShopifyの機能を例としてご紹介します。

Shopifyはデフォルトで「SKUフォーマット」という機能が搭載されており、これを使ってSKUコードを作ることができます。

SKUフォーマットの機能性

SKUフォーマットでは、文字と長さから自由にSKUを編集することができます。

  • 文字:数字と文字の組み合わせ
  • 長さ:16文字以内(4~8文字も可能)

文字列は数字と文字から好きな組み合わせを作ることができ、商品属性からグループを区切ることもできます。

文字数は基本的に16文字以内ですが、商品によっては4~8文字の短いフォーマットも可能です。

ShopifyのSKUフォーマットの例

アパレル販売で「####(ブランド)-###(スタイル)-###(サイズ)」という10桁のフォーマットを使うとします。

商品が「ブランド=4225」・「スタイル=776」・「サイズ=32×34」というSKUにした場合、「SKU 4225-776-3234」となります。

SKU別から売上レポートを管理することも可能

Shopifyは「商品バリエーションSKU売上レポート」という機能があり、これを使うとSKU別から売上を管理することができます。

商品名商品の名前
バリエーション名バリエーションの名前
バリエーションSKUSKUコード
正味数量販売数-返品数の数量

Shopifyにはさまざまな販売レポートがあり、その1つとしてSKU売上レポートがあります。

販売レポートは経営を見直す際に必要な情報なため、より細分化して情報を見ることができれば問題点を見つけやすくなりますね。

まとめ

EC制作担当者としてSKUはしっかり覚えておきたいところです。

また、単に用語の意味を知るだけではなく、EC制作においてもSKUの整備が必要なため、これからECツールを探すなら1つの機能性として注目してみてください。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。