Shopifyで作ったECサイト多言語化・翻訳させる方法を解説! | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2020.5.29

Shopifyで作ったECサイト多言語化・翻訳させる方法を解説!

Shopifyで作成したECサイトから世界中のユーザーにむけて商品を販売したいとき、ECサイトを多言語化しておきたいところです。

Shopifyの多言語化や翻訳はアプリを使えば簡単にできるものの、テーマやアプリの機能に依存することから「どれを選べばいいのか?」、迷う方は多いのではないでしょうか?

これから多言語化や翻訳を検討している方のために、Shopifyと互換性のあるアプリからおすすめのアプリまでをご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

また、公式ヘルプページも併せてご参照ください。

参考 公式ヘルプ

ShopifyのECサイトを多言語化・翻訳させる方法

Shopifyを多言語化・翻訳させるために、まず以下の3つを用意します。

  • ストアにインストール済みのサポートされている翻訳アプリ
  • 多言語に対応したテーマ
  • 言語セレクターがあるテーマ(DebutとBrooklynの最新バージョンのみ)

それぞれ、見ていきましょう。

Shopifyと互換性のある翻訳アプリ

Shopifyのヘルプセンターでは「ストアにインストール済みのサポートされている翻訳アプリが必要」となっており、これは互換性が認められているアプリが必要ということです。

langify17.50ドル/月(7日間無料)
Translation Lab-AI Translate無料(一部有料)
ETranslate‑Language Translate無料
LangShop‑Language&Currency34ドル/月(14日間無料)
Translate My Store無料
Polyglot Translate17.50ドル/月(7日間無料)
Translate Your Store‑Helium無料

有料から無料までさまざまな翻訳アプリがありますが、どれも問題なく動作するのでお好みで選んでOKです。

多言語に対応したテーマ

多言語化するためには、それに対応したテーマも必要です。

Shopifyの無料テーマはすべて多言語化・翻訳に対応しているため、とくに気にする必要はないと思います。
もし、うまくいかない場合はテーマを最新版に更新してみてください。

アプリに関しても同様ですが、外部テーマは互換性が不明なので、開発者に互換性を確認する必要があります。

言語セレクターがあるテーマ

多言語化するためには、言語セレクターのあるテーマも必要です。

  • Debut
  • Brooklyn

今のところ、言語セレクターのあるテーマは上記2つの最新バージョンのみとなっています。

それ以外のテーマを使う場合、「Geolocation」というアプリから言語セレクターを追加するのがスタンダードな方法です。

多言語化は翻訳アプリで設定する

Shopifyの多言語化・翻訳は、以下の手順から翻訳アプリで設定します。

ステップ1
Shopifyの管理画面→設定にアクセスし、ストアの言語をクリック

 

ステップ2
「Shopify アプリストアを見てみる」 からストアにアクセス

 

ステップ3
翻訳アプリをインストール

 

ステップ4
アプリ内で多言語化の設定をして完了

多言語に対応させること自体はとても簡単です。

しかし、アプリによって「言語の種類」や「使いやすさ」など、さまざまな違いがあるため、目的にマッチしたアプリにたどり着くのは、時間がかかるかもしれません。

簡単に多言語化・翻訳させるならWOVN.ioがおすすめ!

なかなか翻訳アプリがきまらないというかたは、WOVN.ioがおすすめです。

サイト多言語化・webページの翻訳対応はWOVN.io

  • Shopifyと互換性あり
  • 74言語に対応
  • 翻訳運用を自動化できる
  • 専門知識が不要で簡単につかえる
  • 海外SEOの対策もバッチリ

OVN.ioはShopifyやWordpressなど、さまざまなCMSに対応している翻訳プラグイン(アプリ)です。

対応しているすべての言語でSEO対策を講じることができ、metaタグやaltタグも多言語化できます。

だれでも簡単に操作できるように作られており、OVN.ioの導入は時間にしてたったの5分程度で、Shopifyを多言語化することができる優れものです。

WOVN.ioとShopifyを連携する方法

まず、WOVN.ioのサイトにアクセスしてプロジェクトを作成します。

ステップ1
WOVN.ioのプロジェクト(ダッシュボード)にアクセス

 

ステップ2

「 導入方法」をクリックして「Shopify(CMS)」を選択

 

ステップ3
Shopifyのショップ名を入力

 

ステップ4
ShopifyでWOVN.ioをインストール

 

ステップ5
WOVN.ioのプロジェクトに再度アクセス

 

ステップ6
「 導入方法」→Shopify(CMS)に進む

 

ステップ7
接続できていれば完了

指示に従って操作するだけなので簡単です。

WOVN.ioの料金

WOVN.ioの料金は、お問い合わせからプランの商談を経て決まります。

導入費用無料
料金お問い合わせでのみ公開
契約期間1年単位

国内の「H.I.S」や「SBI Business Solutions」など大手企業でも使われており、本格的なプロ仕様の翻訳アプリを求めているなら最適だと思います。

導入後は専任のサポートチームが運用を支援してくれるので、困ったときにすぐ対応してもらえるのもうれしいポイントです。

料金に関して詳しくは、以下のページをご覧ください。

ウェブサイトやアプリを多言語化 WOVN.io

まとめ

Shopifyを多言語化・翻訳に対応させておくと、ワールドワイドで商品を販売しやすくなります。

また、今回ご紹介したWOVN.ioのようにハイスペックな翻訳アプリなら、海外SEOの効果を高めることができるので売上増にも大きな期待を持てますよ。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。