Shopifyで請求書・納品書の送り方とおすすめのアプリをご紹介 | Shopifyを活用した越境・国内ECサイトの制作・運用など役立つ情報をお届け|Shopify WORKS

2020.5.28

Shopifyで請求書・納品書の送り方とおすすめのアプリをご紹介

今や国内外に対応できるECサイトとして人気をあつめているShopifyですが、細かい機能として納品書や請求書の送り方はどのようになっているのか気になるところですね。

今回は、Shopifyでだれでも簡単に納品書や請求書を作成できるおすすめのアプリをご紹介していきます。

既存の機能で明細書は発行可能

まず、Shopifyは何かのアプリを使わなくても、もとからある機能で明細表を作ることができます。

https://help.shopify.com/ja/manual/orders/packing-slips

  • 購入前の明細表
  • 購入中の明細表
  • 明細表の編集

明細表は管理画面にある「注文」から操作できるので、使い方はとても簡単です。

配送ラベルの「購入前」と「購入後」のどちらの明細表も作成可能、さらに明細表のテンプレートを編集すればロゴを追加するなど自由な仕様に変更することもできます。

テンプレートの編集はHTMLやCSSなどの知識が必要ですが、「デフォルトに戻す」という機能があるので自信のないかたでも安心して操作しやすいです。

Order Printerは定番のアプリ 

Shopifyで請求書や納品書を送りたい場合、Order Printerというアプリを使うのも1つの方法です。

定番アプリ Order Printer

  • 請求書
  • ラベル
  • 領収書
  • 梱包明細
  • 会社のロゴやマーク

Order Printerは無料で使うことができ、請求書やラベルなど各種書類を簡単に印刷することができます。

それぞれの書類を個別に作成することができれば大量に印刷することもできるので、配送の事務作業を軽減したいユーザーにとっては定番となっているアプリです。

ほかにも、請求書や納品書などを作成できるアプリはありますが、「どれが便利なのかわからない・・・」という場合はOrder Printerがはじめやすいでしょう。

さらに効率化をもとめるならShip&coがおすすめ 

発送業務をさらに効率化したいなら、Ship&coというアプリがおすすめです。

おすすめアプリ Ship&co

Ship&coは商品のサイズや重量などの情報を入力するだけで、わずか20秒程度で請求書や納品書などを作成することができます。

各種書類の発行だけではなく、運送会社選びや発送完了メールの送信など、発送業務を一括管理できることがShip&coの強みです。

Ship&coの機能

Ship&coは、主に以下のような機能があります。

  • 注文情報をリアルタイムで自動同期
  • 運送会社の料金比較
  • ワンクリックで送り状を発行
  • 海外発送のインボイスは送り状と同時に自動発行
  • 追跡情報の自動同期
  • 発送完了メールの自動送信

国内だけではなく海外(越境EC)の複数店舗情報をリアルタイムで同期しながら、発送までの業務を一本化してすすめることが可能です。

商品を発送したら追跡情報も自動同期することができ、追跡番号は使用しているECプラットフォームに送信されて「オーダーステイタスの自動変更」と「発送完了メールの自動送信」を完了できます。

大手ストアと連携していて一括管理も可能

Ship&coは、10以上のECプラットフォームに対応しています。

  • Shopify
  • eBay
  • Amazon
  • 楽天
  • BASE
  • Prestashop
  • Magento
  • ネクストエンジン
  • Stripe
  • Woocommerce

Shopifyはもちろん対応していますが、ほかにもAmazonや楽天など人気のストアでも利用可能です。

国内で連携している運送会社

Ship&coは、以下の国内運送会社と連携しています。

  • クロネコヤマト
  • 佐川急便(代金引換の送り状発行可)
  • 日本郵便(ゆうパック、ゆうパケット)
  • 日本郵便のEMS(国際スピード郵便)

サイズや重量などの情報で簡単に料金比較できるので、これだけでもShip&coを利用してみる価値があります。

国外で連携している運送会社

Ship&coは、海外の運送会社とも連携しています。

  • DHL
  • UPS
  • Fedex
  • 国際郵便(SAL書留、EMS、eパケット)
  • ペガサスグローブエックススクレス

海外への発送業務がはじめてのかたでも、簡単操作で最適な運送会社をみつけることができます。

オフィシャルのサポートもあり 

Ship&coは日本語に対応したサポートがあるので、困ったときでも安心です。

https://support.shipandco.com/hc/ja

オフィシャルのサポートページが設置されており、そこからいつでもリクエストを送信できます。

Ship&coの料金

Ship&coは3つのプランから選ぶことができ、いずれも初期費用は無料です。

  • 初期費用:無料
  • 微量課金プラン:1件発行毎に30円
  • 月額割引プラン:月額1,900円
  • ボリュームプラン:要相談

今なら14日間の無料トライアルからスタートできるので、気になるかたはぜひ試してみてくださいね。

まとめ

Shopifyの請求書や納品書の送り方は、Order PrinterやShip&coといったアプリを使うのが便利です。 とくに発送業務を一本化して少しでも書類作成の手間を省きたいなら、Ship&coは最適なアプリなので試してみてはいかがでしょうか。

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Shopify Works blogをご覧のみなさまへ

Shopify works Blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopify Works blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。